あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

李寧 を含む記事

中国の英雄企業「李寧」 現地調査レポート

あつまろです。

李寧は中国の国民的スポーツブランドであり、中国市場ではナイキ、アディダスと3強を形成していると言われています。

年初に「中国の英雄企業「李寧」が暴落中」というエントリーをしました。この後もどんどん株価が続いたため、この夏に投資をして株主になりました。

さて、先週北京に出張する機会があったので、李寧を現地調査しました。

まずは北京で働く20代前半の男性数人に李寧についてどう思うか聞いてみました。すると、「ナイキの方がデザインがいいので、李寧は買わない」という回答。う〜ん。想像はしていましたが、厳しい現実ですね。

ファッションビルにある李寧の売場も訪れました。陳列された商品をみても、「う〜ん、いまいち」。どこか垢抜けてない印象でした。シューズもどこかで見たようなデザイン。隣にあったナイキの売場と比べると、あきらかに差が出ていました。ただ、値段はやっぱり安くてナイキと比べると3〜5割安という感じです。

「安かろう、悪かろう」という段階で、まだ模倣の域を出ていない印象です。ナイキやアディダスの背中を見ながら、どんどんデザインも商品も洗練できる余地はありますが、彼我の差は大きそうです。ただ、中国では所得が上がるにつれて普段着ではなく、スポーツウェアを着用する機会がどんどん増えるはず。全ての人がナイキとアディダスを買うわけではなく、李寧は一定のシェアは保ち続けると思います。

現在は価格メリットを売りにしてナイキ・アディダスと渡り合っているようですが、一段のレベルアップがないとさらなる成長は難しそうです。現在もPER6倍台、配当利回りも4%超と割安水準が続いていますが、追加買いは控えた方がよいなと感じた次第です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

暴落時の投資

あつまろです。

原発もようやく歯止めの兆しが見えてきて、株式市場のパニック売りも止み、一気に株価も戻してきています。長期投資を志向する個人投資家さんの「Buy Japanese. I Am.運動」という買い支えも多少は貢献していると思います。

「地震後の投資」

私は今回の暴落時に今年の初投資(※)を遂げました。銘柄は何度かご紹介しているマニーです。地震前は株価が3,000円前後をうろついていて、「もう少し下がらないものかな」と眺めていましたが、大地震後の暴落で一気に2,500円付近まで下げてきたので、そこで購入しました。チャンスと思いましたが、投資金額は高額ではありません。他にも買いたい銘柄もありましたが、ぐっとこらえました。サブプライム・リーマンショック時の仕掛けが早かった反省と「凧の糸と相場の金は出しきるな」の格言を念頭に入れたアクションです。
(※注)先日ブログで購入すると宣言していた中国株「李寧」は、ブログに取り上げた直後に株価が急上昇して買い逃して、また機が熟すのを待ってます。

ちなみにドル円も80円を割り込んだところで、米国株投資用資金として米ドル預り金を購入しました。しばらくしてG7の介入が発表されたのでギリギリセーフでした。

「過熱感を冷ます」

「もっと買っていれば・・・」という欲が出てきますが、深追いせずヒットアンドアウェーでしっかりパンチを当てられたので、今回は良しとしておきます。まだまだ安心はできません。この先に株価が再び暴落することも想定シナリオの一つです。

私の投資スタンスは最低15年保有の長期投資なので、自分が信じることのできる企業を日頃からチェックしておき、こういう暴落時に丁寧に拾うことが長期的なパフォーマンスにつながると信じています。
引き続き日本企業の株価は魅力的な水準ですし、米国株や中国株を見ても投資の頃合いな企業が目につきます。
一度投資するとショッピング熱で火照ってくるのが私の性質なので、「30日ルール」で頭を冷やして、冷静に次の投資を検討していくつもりです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

9ヶ月ぶりに株式投資します

あつまろです。

昨年6月に米国株(コカコーラ・ジョンソンエンドジョンソン)に投資してから、早いものでもう3月になります。その間、投資を検討した銘柄がいくつかありましたが、結局、昨年6月以来に追加投資は行っていません。

ですが、ようやく次の投資先が決まりそうです。先月末に本ブログでご紹介した「李寧」です。株価が暴落中と紹介しましたが、その後もジワジワと下げています。 買いたいなと思っていた株価まで下げてきているので、ここら辺で買うつもりです。

「落ちるナイフを掴むことになる」って?

いいじゃないですか。同社が取り扱うビジネスが信頼できるので、さらに下がるようなら追加買いも念頭にいれています。15年保有の視点でいますので、数年間我慢するくらいなら想定の範囲内です。

これから中国国民一人当たりの所得が向上していきます。日本人でフィットネスクラブなど老若男女がスポーツや運動を楽しむことができてきたように、中国でもスポーツ用品市場のパイが広がることは必然だと思ってます。中国は市場が広がっているので、あまり怖くありません。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

中国の英雄企業「李寧」が暴落中

あつまろです。

中国の国民的スポーツブランド
「李寧」

ロサンゼルス五輪体操の金メダリスト、
中国の国民的英雄、李寧さんが創業。
「参考記事:北京五輪最後の聖火ランナー李寧

李寧さんの知名度を活かして、
フランチャイズで加盟店を増やして、
現在小売店舗数は7,000超と言われています。

高価格帯は、ナイキやアディダスなど
欧米のトップブランドが強いのですが、
同社は中価格帯セグメントに強く、
これまで文字通り右肩上がりの成長を謳歌してきました。

中国でのシェアはナイキ、アディダスと
3強を形成していると言われています。

一説では李寧がアディダスを抜き、
中国シェア2位になったとも噂されています。
(アディダスは中国の具体的な数値を発表していません)

李寧については業績を見ても
キレイな数字が並んでいます。

売上は日本円で1,000億円相当。
営業利益率15%超
株主資本比率約50%
ROE(株主資本利益率)約35%

2004年の上場から
5年連続増収増益で、
成長率は10%を超えています。

これまでは常に成長が期待されてきたため、
PERなどのバリュエーションを見ると
割安とは言えない株価水準でした。

そんな同社に昨年末(2010年)、激震が走ります。

メディアが同社の受注不振を報道。
証券会社各社が評価(レーティング)を下げて、
株価は暴落しました。

2011年夏頃までの受注予想が
前年割れが予想されており、株価は下がり続けています。

サーチナ社の株価チャートを掲載します。

李寧


正直、投資チャンスが来たと思ってます。

いまは問題が表面化しており、
1年後に投資利益を出すとなると
難しいかもしれませんが、
10年超の長期的な視点に立つと
あまり恐れることはありません。

PER13倍、配当利回り3.4%
と、ようやく割高感が抜けてきたと思っています。

こういう逆風時こそ、市場参加者に流されず
企業の持つ変わらぬ強みを意識していきたいものです。

李寧の強み・期待感を3つ挙げます。

1.中国トップブランドであること

李寧はナイキやアディダスなど
高級路線を牛耳る欧米トップブランドの牙城を崩したいのですが、
やはりブランド力や商品力などは劣ると思います。

欧米トップメーカが中国市場に本気で進出してきたら
李寧も苦戦するのは間違いないでしょう。

しかし、中国メーカーの中では同社はダントツの
ブランド力と販売網を構築しています。

仮に欧米ブランドには劣ったとしても
日本におけるミズノのように自国ブランドは
一定のシェアを得ることができると思っています。

現在、中国トップブランドであること、
この事実は変わりませんし、将来においても期待できます。

2.中国市場の有望性

中国におけるスポーツ用品市場は
すごく有望だと思っています。

国民所得向上により、スポーツなど
余暇にかけるお金が増えてきています。

今後、どんどん質の高い用品の
売上が伸びることでしょう。

市場全体が成長すれば、
そこで活躍するプレーヤーたちの売上も
当然成長が期待できます。

※余談ですが、ナイキも投資対象候補です。

3.海外展開

李寧の収益は、中国国内に依存しています。

が、これから欧米トップメーカにもまれて、
苦戦はするでしょうが、追いつけ追い越せと
成長機会も多くなると思います。

10年後には他中国電機メーカーのように
アジア・アフリカなど海外展開の可能性で
一定のシェアを得ることすらあるのではないかと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

気になる中国株(宝姿時裝ポーツデザイン0589)

あつまろです。

おもしろそうな中国企業を見つけました。

宝姿時裝(ポーツデザイン)
香港市場(0589)に上場しています。

「ポーツ・インターナショナル」という
中国の高級衣料ブランドメーカーです。

中国では既に高級ブランドとして
認知されているそうで、
同店では他ブランドも取り扱っているそうで、
アルマーニ、ヴェルサーチなども同店で販売しており、
その分、ポーツブランドのイメージ向上にも
つながりそうですね。

同社の業績は売上、利益ともに右肩あがりで、
今後も年間20%近い成長が予想されています。

また、営業利益率も34%と驚異的な数字です。
現在の株価に対する配当利回りは3.9%と、
インカムゲイン狙いとしても楽しめる企業です。

これまでの日本や韓国を見てもわかりますが、
羽振りが良くなるとブランド進行が進みます。

既に日本の銀座などに、
中国からの旅行者が来ているところからも
それが伺えます。

その場合、やはり欧米の歴史的な
高級ブランドが大きな恩恵を受けるはずです。
ヴィトンやエルメスなども売上が伸びるでしょうね。

しかし、ある一定の割合で国産(中国)ブランドも
その恩恵をうけると思います。

それは、自分の国へのオリジナル志向であったり、
中国人ならではの好みに適したものが売れるんだろうな、
と予測しています。

ちなみにスポーツブランドもそうです。
ナイキやアディダスなど欧米ブランドも人気があるんでしょうが、
李寧(リーニン)という中国スポーツブランドは
かなりの人気が出ているようです。

中国のGDPは、まだまだ発展途上。

世界の成長セクタである
中国の高級ブランド市場の恩恵をうけるとなれば、
ものすごく魅力的に思えてくるのです。

ここまでは世界景気の影響をうけつつも
中国の景気は右肩上がりを続けてきました。

この後、何かしら経済のつまずきがあれば、
不要不急でない高級ブランドの売上が
下がる可能性があります。

その場合、株価が大きく変動しそうです。
大きく下げたときに買えると
より大きなチャンスが生まれそうです。

あつまろの定めた3ヶ月ルール
(買いたいと思ってから3ヶ月間は買わない)
があるので、しばらくは投資しません。

これから時間をかけて自分の頭を冷やして、
この企業のことを考えようと思います。

自分がいいなと思う製品やサービスを取り扱う
企業の株を買いたいので、
できれば実物を見てみたいのですが、
この手の高級ブランド衣料品の良さを
わかる自信がないです。

なにより日本にはブランド店が
なさそうですね。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

最後の聖火ランナー 李寧は企業家です。

あつまろです。

オリンピック、
あつまろも連日、
テレビにかじりついて見ています。

開幕式はすごかったらしいのですが、
これだけは未見でした。

ただ、オリンピック最後の
聖火ランナーはテレビ中継で
「あの人だれ?」というような
雰囲気になったと聞きました。
(ほんとかな・・・)

翌日のニュースでちらりと見ましたが、
李寧さんとのこと。

あつまろとしては、
「あの李寧ってこの人だったのかー!」
と興味深くみました。

李寧さん、体操選手で
金メダル3個、
銀メダル2個、
銅メダル1個
の合計6個をとった中国の英雄だそうです。

ですが、あつまろが知っている
李寧さんは、スポーツメーカーを起こして、
中国トップメーカーとなっています。

香港市場に上場しています。
コードは02331。

日本で言うと、
アシックスやミズノのような
イメージを持っていただけるとよいと思います。

株価はオリンピック関連銘柄ということもあり、
04年の上場から現時点で約10倍になっています。

オリンピック以降は
よりスポーツが定着することでしょう。

中国のスポーツはスポ根系で
「勝つ」ことが目的らしいです。
もっと一般市民も卓球や太極拳以外にも
スポーツを日常に楽しむことができれば
ウェアや用具の利用シーンも増えると思います。

ナイキやアディダス、日本のアシックス、ミズノなど
世界の強豪メーカーがありますが、
長い目では、李寧の業績は安定成長を続けるだろうな、
と見ています。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ


記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類