あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

クレジットカード

一番お得なクレジットカードは?

あつまろです。

1年ほど見ていない間に、
クレジットカードは変わりました。

人気のあったP-ONEカードも改悪されました。

最新のクレジットカード状況を
確認してご紹介しようと思います。

ちなみにあつまろのメインカードは、
SBIカードを使用しています。

これから調べていきますが、
おすすめのカードがご存知があれば
ぜひ教えてください。

過去の参考記事:
今一番いいクレジットカードは「SBIカード」

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
クリックで応援よろしくお願いします。
いいカード見つかるかなぁ。
atsumaro1をフォローしましょう

今一番いいクレジットカードは「SBIカード」

あつまろです。

現在使用しているメインカードが廃止されるため、
自分にとって一番いいクレジットカードを探した結果、
「SBIカード」に決まりました。

SBIカードの長所と短所を
整理した結果をご紹介します。

まずは、7つの長所を紹介します。
あつまろの主観で上にあるほど重要なものを挙げています。

長所その1
「ポイント還元率が高い(1〜1.2%)」

ポイント還元率が1%超というのが、
クレジットカード選びの最低必須条件です。

SBIカードのポイントはキャッシュバックになっており、
その還元率は1〜1.2%になっています。

50万円(5,000ポイント)で5,000円キャッシュバック(1%)
100万円(10,000ポイント)で12,000キャッシュバック(1.2%)

通常、クレジットカードの還元率は0.5%ですから、
高還元率カードに位置しています。

あと、プチメリットとして、
1000円以下はポイントがつかないケースが多いのですが、
SBIカードは繰越しされており、端数もしっかりポイント付与されます。

長所その2
「家族カードが無料」

じつはあつまろが還元率の次に重視したのが、
家族カードの有無です。

家族カードがないため、
高還元率のカード(ポーラスターカードなど)は
メインカード対象外としたものもあります。

高還元率カードは、一定額以上を使って
その還元率を得るケースが多いのですが、
あつまろはDINKs世帯なので、
夫婦2人ともカードを使うので、分散利用すると
高還元率を得られないリスクがあります。

このため、2人ともが同じカードを利用できる、
家族カードありのものを探しました。
SBIカードは1人目は無料、
2人目以降は年会費525円で最高10枚まで作れます。

10枚の枚数量というのも、
他のカードにあまりない珍しい例です。

あと、補足情報として家族カードの登録には
血縁関係は関係ないそうです。

長所その3
「旅行傷害保険が手厚い」

国内旅行傷害保険:最高2,000万円
海外旅行傷害保険:最高2,000万円

無料クレジットカードの最高レベルの額です。

さらに、金額だけでなく適用範囲に
SBIカードならではの特徴があります。

自分だけでなく、家族にも適用されます。
(ただし、上限額は半額の1,000万)

ただし、一点注意するべきポイントがあります。
旅行代金をSBIカードで支払うことが前提条件になっています。

あつまろは毎年海外旅行に
いっているのでうれしい特典です。

長所その4
「外貨米ドル決済が安い」

海外旅行でクレジットカードの支払をすると、
手数料(1.6%程度が一般的)がかかるのですが、
住信SBIネット銀行で外貨預金を決済するようにしていると
この手数料がかかりません。

住信SBIネット銀行は外貨預金の買付為替手数料も
他銀行と比べて安いようなので、ドル決済をするには
良い決済手段です。

長所その5
「引落日の自由設定」

引落日、支払日、支払額を自由に設定が可能です。
オンラインで24時間実行が可能です。
あつまろは給料日を支払日に設定しています。

長所その6
「複数の銀行口座登録」

最大5つの銀行口座の登録と利用が可能です。
引落口座(優先口座)に必要残高がなくても
別の登録口座(通常口座)からの支払いも可能です。

長所その7
「カード素材がよい」

カードの素材に対してお金がかかっています。

レギュラーカードは「国内本真珠」
ゴールドカードは「純金(24K)」
プラチナカードは「純プラチナ」

以上が、7つの長所です。

次に目をむけるのは短所です。
4つの短所をご紹介します。

短所その1
「外貨決算の手数料が高い」

長所で挙げた「外貨決済が安い」ですが、、
住信SBIネット銀行のドル決済が前提であるため、
他の条件だと他クレジットカードと比較して
事務手数料が高くなっています。

場合によっては、海外旅行での外貨決済には
他カードを使うというのも選択肢に入れるといいですね。

短所その2
「50万円使わないとポイントが獲得できない」

長所で挙げた「ポイント還元率が高い(1〜1.2%)」で、
50万円(5,000ポイント)で5,000円キャッシュバックと
ご紹介しましたが、逆に言うと50万円を使わないと
キャッシュバックが得れないということです。

ポイント期間が2年なので、
だいたい1ヶ月あたり2万5千円利用しないと
せっかくの長所を消すことになります。

少額の利用には向かないです。

短所その3
「提携銀行が少ない」

長所で挙げた「複数の銀行口座登録」ですが、
実はその登録できる銀行の数が少ないのが欠点です。

現在提携してる銀行は以下の7銀行です。

住信SBIネット銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
イーバンク銀行
みずほ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
ジャパンネット銀行

地方では地銀がメインバンクである例が多いので、
そういう上記以外の銀行を利用されている方は
デメリットです。

短所その4
「国際ブランドがMasterだけ」

Masterがあれば、海外旅行で困ることはないのですが、
あつまろ的にはVisaの方がいいので、欠点に挙げました。

これはあまり実害はないですね。

以上が、SBIカードに関する長所と短所のご紹介でした。

長所も短所も人それぞれの利用シーンに依存しますので、
このカードがベストかというと、人それぞれです。

あつまろの場合は、
短所に大きな問題点がなかったことと、
長所がちょうど自分の価値観とマッチしたので、
このカードがベストだと判断しました。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
クリックで応援よろしくお願いします。
最近ツイッターもはじめました。
atsumaro1をフォローしましょう

クレジットカードのポイントはどう使いますか?

あつまろです。

クレジットカードは、
身近なものになりました。

スーパーのレジなんかはサインレスで
現金よりカードの方が
処理スピードが早いこともあるくらいです。

で、そのクレジットカード。

最近は改悪続きですが
みなさん、ポイントは何に使ってますか?

いろんな商品に換えることができますが、
やはりモノよりお金代わりのものが人気ですね。

人気があるのがマイル。

JALやANAのカードを使ってる人は、
思いっきりマイル狙いですね。

あつまろの周りでもマイルで海外。
という人はけっこういます。

でも、人気があるところがとれにくかったり、
いろいろ制限があったりしますし、
海外ツアーもそれなりに安いので
どうなのかなと思います。

あつまろはマイル交換に興味がなくて、
あまり詳しくありません。

で、マイル以外の人は金券ですね。

JCBやVISAのギフトカード、
または図書カードなど。

あつまろは金券派です。

カードでの支払額が年間100万円を超えて、
1%超の還元率なので、1万円以上の金券を得ています。

クレジットカードのポイント、あなどれないです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

メインカードはSBIカードに決定!

あつまろです。

現在のメインカードである、
GEアメックスカードが
カードサービス廃止になるため、
クレジットカード探しをしていました。

いろんなカードを候補として検討しました。

ポーラスターカード
P−ONEカード
楽天カード
ライフカード
K-Powerカード
オリコ Premium Gold iDカード

その中であつまろが選んだのは、
SBIカードです。

理由は、還元率が1.2%高いこと。
年会費が無料であること。
夫婦で使いたいので家族カードが発行できること。

特に家族カードは、
他カードにはついてないケースが多く、
ここが大きな決め手となりました。

また、SBIカードには、
住信SBIネット銀行のドル預金と連動すると、
クレジットカード利用による為替手数料が安くなる点を
初めて知りました。

前々から海外旅行の両替に関する手数料コストは、
気にしていたので、うれしい情報です。

SBIカードHP

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

私のクレジットカードとリストラ

あつまろです。

現在持っているクレジットカードと
そのリストラを考えています。

あつまろの保有クレジットカードごとの
紹介と今後の方針を考えていきます。

【メインカード】
■GE MONEYアメックスカード(年会費無料※)
年40万以上(※)で1.5%分のポイント取得できます。
通常の決済はできるだけこのカードを使用します。
公共料金や携帯料金の引き落としもこのカードです。
家族カードも使えるので妻もこれを使ってます。
ですが、来年春には廃止される予定です。

(今後の方針)
廃止されてしまうので、年内乗り換えで検討中です。

【シーンにあわせて使用するカード】
■JR東海・エクスプレス・カード(年会費2100円)
ネットで早割で安く新幹線チケットを購入。
あつまろは東京に住んでいますが、
友人の結婚式や実家(関西)への帰省でよく帰省します。
妻の実家は中国地方なので、年会費分は得ています。

(今後の方針)
年会費は痛いものの、年何回か新幹線に乗るので
今後も保有継続します。


■TSUTAYA Wカード(年会費無料)
年会費無料なのでTSUTAYA会員カードの
代わりとして、使用しています。
よく行くブックオフでもポイントが付くので、
ちょっとずつ使います。
たまにファミマでも使います。
それにしてもTポイント利用店増えてきましたね。

(今後の方針)
TSUTAYA会員カードとして今後も保有継続。

■夢なびカード(年会費無料※)
引越しを「ピタッとハウス」を仲介でやったのですが、
その際にスターツグループのこのカードに入ると
手数料が安くなるからという理由で入りました。
家賃でポイント貯まるらしく、年1回利用(※)で
手数料無料なので、そのまま保有しています。

(今後の方針)
日常生活では使わず、家賃引き落としのみに利用。
いまの住まいにいる間はそのまま保有継続。

【妻の使用カード】
■GE MONEYアメックスカード(年会費無料※)

(今後の方針)
先ほどご紹介したとおり、
家族カードとして妻もメイン利用していますが、
廃止されるので、乗り換えを検討中。

■UCSカード(年会費無料)
引越し前の近所スーパーユニーで
日常のお買いものをしているため、
このカードを使用していました。
毎月19日、20日は5%OFF。

(今後の方針)
もう使うメリットが低いので、
ポイントを商品化して解約します。

■Skywalker(orico)カード(年会費1050円)
HISのカード。
海外旅行はHIS利用していたので、
HISで使えるカードはこれだけのため作りました。
商品券に代えた場合の還元率は0.5%以上(※)程度です。
※利用額に応じてポイント還元率が変動します。

(今後の方針)
最近ではHISを利用しなくなったので、
ポイントを商品化して解約します。

以上になります。

このようにクレジットカードの見直しは
年一回くらいやった方がいいですね。
※整理して、気持ちがすっきりしました。

あつまろ家のカード事情は
あつまろは4枚、
妻が3枚(家族カード含む)です。

クレジットカードが増えすぎると、
管理が面倒になったり、
知らぬ間の手数料負担が増えたり、
あとは与信での借入枠を使ってしまっている、
というデメリットがあります。

できれば、1人2〜3枚が
ベストかと思っていますが、
ツタヤカードのような利用を
しているカードを入れると難しいですね。

しかも、定期に利用している
PASMOもカード化を検討しています。

完全にクレジットカードは生活の一部になってます。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

お得なクレジットカード、むむむ。

あつまろです。

メインクレジットカードが
残念ながら廃止になりそうなので、
日々の合間を縫って、ちょっとずつ調べてます。

ポイントは還元率です。

普通のクレジットカードの
ポイント還元率は0.5%です。

1%超は優秀なカードで、
この還元率はぜひとも欲しいところ。

実は今のメインカードが年会費無料の
還元率1.5%で、なかなか魅力的なので、
できればその還元率が欲しいですが、
いかんせんそううまいところはなさそうです。。

有望そうなのは、
P−ONEカードやライフカード。

調べていると、
面白そうなのがいくつか
出てきました。

.檗璽薀好拭璽ード<Plus>
最大1.8%

SBIカード
最大1.2%

オリコカード アプティiD
最大2.5%

最大ポイント還元率だけに惑わされてはなりません。

年会費はどうか。
条件は何があるのか。
家族カードが発行可能かどうか。
普段使いではどのくらいになるのか。
海外旅行保険などの付加価値は何があるのか。

気になるポイントは、
いろいろあります。

これを機にクレジットカード選び基準を整理したり、
よいカード紹介をできるといいなと思ってきました。

でも、そのためには時間と熱意が必要なようです。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クレジットカード探し

あつまろです。

あつまろがメインカードにしているのは、
GEアメックスカードです。

GE Moneyファイナンスが
新生カードに事業売却されて、
その新生カードが
カードサービス廃止を決定して、
早晩使えなくなります。

いまは年会費実質無料で
ポイント還元率1.5%と、
有利な条件であったため、
とても残念です。

しかも、家族カードを発行しており、
あつまろの奥さんも普段の食材購入にも
使っており、2人分新たに考える必要が出てきました。

まだ、しばらくの期間使えるので、
いろいろ調べてみようかと思います。

無難にいくならP−ONEカードかな、
と思ってますが、うーん。。。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

最強クレジットカード三国志(ライフカード)

あつまろです。

各クレジットカード比較サイトの
ランキングの上位にあるベスト3に対して、
どんな内容なのかを、
ひとつずつ具体的にご紹介しています。

「K-powerカード」
「P-oneカード」
「ライフカード」


きょうは最後のカード、
ライフカード」です。

【殺し文句】
誕生月は還元率3.3%

【概要】
ライフカードの通常還元率は0.67%です。

特徴はボーナスポイントプログラムです。

ダントツなのは、誕生月ボーナスです。
ポイントが通常時の5倍になること。
これで3.3%程度の還元率になります。

他に利用額に応じたポイントボーナス、
Eメールでの受け取りサービス、
新規入会や入会後3ヶ月期間のサービスなどがあります。

年間利用額が10万円を超えると、
誕生月ボーナスを除いても
利用額によりますが、
年間1%〜1.8%の高還元率になります。

【長所】
「誕生月5倍で3.3%」
誕生月の1ヶ月間使うためだけに
保有してもよいというレベルの高還元率です。

「ポイント有効期間5年」
セゾンの永久不滅まではいかなくとも、
5年間はありがたい長期間設定です。
サブとして使用するケースにも、使えます。

【短所】
「旅行保険などの付帯サービスが弱い」
付帯サービスを期待してる人にとっては
心許ないサービスになります。

【あつまろの視点】

他にメインカードがあるにしても
誕生月の3.3%のためだけに
サブカードとして保有してもよいと思います。

また、誕生月以外でも年間1%超のため、
メインカードの候補にも持ってこいです。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

最強クレジットカード三国志(P-oneカード)

あつまろです。

各クレジットカード比較サイトの
ランキングの上位にあるベスト3に対して、
どんな内容なのかを、
ひとつずつ具体的にご紹介しています。

「K-powerカード」
「P-oneカード」
「ライフカード」


今回は「P-oneカード」です。

【殺し文句】
1%割引カード

【概要】
全てのクレジットカード取引に対して、
1%割引が適用されます。

さらにプラスして、ポイントも貯まります。
還元率0.3〜0.4%つきます。

毎月7日にはポイント10倍、
という特典が注目されていましたが、
期限が来年2月で終了してしまいます。

カード種類は、
ブルー(通常)、シルバー、ゴールドと
3種類あります。

なかでもゴールドに注目です。
年会費6000円かかりますが、
旅行保険特約がかなり充実しています。
死亡で5000万円、疾病傷害治療で500万円。
これだと旅行保険は不要です。

※カードに付いてる保険は
疾病傷害治療が薄くなりがちです。

ゴールドだけの特典として年50万円利用での
ボーナスポイント還元があります(3000円台)、
ここである程度カバーできますね。

【長所】
「1%還元というわかりやすさ」
とにかく誰でもわかるシンプルさが
このカードの最大の武器です。

「割引以外にポイントがつく」
割引以外にも0.3〜0.4%台の
ポイントがつくのはうれしいです。

【短所】
「サービス改悪傾向」
このカードの売りのひとつである
毎月7日にポイント10倍。
これが終了してしまいます。

これまでもJALマイル交換比率が
改悪されてきたりとサービスが低下していく
傾向にあります。

長期保有を考えたときのリスクがあります。

【あつまろの視点】
1%割引+ポイントで0.3%で
計1.3%還元は魅力的な
水準であることには変わりません。

メインカードとして検討しても
よいと思います。

これまであつまろもどのカードがいい?
と聞かれたときにはP−ONEカードを勧めてきました。

カード初心者にも1%割引のわかりやすさは
大きなメリットだと思います。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

最強クレジットカード三国志(K-powerカード)

あつまろです。

前回、「クレジットカードの選び方」 では、
クレジットカードの選び方として
ポイント還元率1%超をおすすめしました。

各クレジットカード比較サイトの
ランキングの上位にあるものから
ピックアップしたのが、下記3つのカードです。

「K-powerカード」
「P-oneカード」
「ライフカード」

では、どんな内容なのかを、
ひとつずつ具体的にご紹介したいと思います。

今回は「K-powerカード」です。

【殺し文句】
最高還元率6.67%、日本ナンバー1の還元率

【概要】
ポイントを貯めて商品に変更するのでなく、
携帯電話のキャッシュバック適用されます。

月額利用料に応じて、携帯通話料が割引されます(最大50%引)
携帯電話の通話料で割引対象になる金額の上限は最大1万円です。

このため、最高で5000円を得ることができます。
(通話料1万円×最大50%割引)

リボ払いとして「楽Pay」に加入すると、
ポイントを2倍にすることができます。

リボ払いは毎月支払額を
最高10万円にセットできるので、
10万円までであれば、実質一括払いで
手数料が発生しません。

まとめますと、高還元率を得るためには
下記条件をクリアしておくことです。
〃搬單渡辰猟模知舛1万円以上
▲螢槓Гい砲靴憧垳砧┌嫁椶砲垢

【長所】
「還元率の高さ」
なんといってもこれがこのカード最大のメリットでしょう。

【短所】
「制度のわかりにくさ」
あつまろの説明でもピンと来ない人の方が
多いんじゃないでしょうか。
説明が悪いのもありますが、やっぱり制度がわかりにくい。

「携帯料金が1万円以下の人にはメリット薄し」
あつまろなんかは、最近プラン見直しをして、
3000円程度の通話料なので、
最大でも50%オフで1500円しかメリットがないです。

家族分も入れて換算してもいいらしいですが、
人を選ぶ点はちょっと。。

「10万円以上の月額使用はリボ払いに」
10万円を超えるとリボ払いになって手数料が発生します。
電話をして手続きを踏めば、
繰越なしで対処してくれるらしいですが、あまりにも面倒。
そこまでクレジットカードに力を入れたくない人も多いはず。

「年会費がかかる」
年会費があることはその分負担があるということです。
年1,575円ですが、デメリットポイントです

【あつまろの視点】
リボ払いで10万円制限がある以上、
メインカードでなく、サブカードとしては
利用価値があると思います。

例えば、公共料金や携帯料金など固定費を、
このカードを使うことで、
安定的に割引を狙うことができます。

(例:月額利用15000円利用で、
通話料1万円の割引率10%で
1000円をキャッシュバック)

【おすすめサイト】
1番得するクレジットカード
表で説明してくれていて、
あつまろが伝えきれてないことまで
伝えてくれています。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類