あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

中国株式

外国税額控除(外国株式で投資する人向け)

あつまろです。

ついに確定申告シーズンが終わりました。 これから外国株式に投資しようと思っている人は、「外国税額控除」という制度は押さえておくとよいです。 簡単にご紹介します。
続きを読む

中国の英雄企業「李寧」 現地調査レポート

あつまろです。

李寧は中国の国民的スポーツブランドであり、中国市場ではナイキ、アディダスと3強を形成していると言われています。

年初に「中国の英雄企業「李寧」が暴落中」というエントリーをしました。この後もどんどん株価が続いたため、この夏に投資をして株主になりました。

さて、先週北京に出張する機会があったので、李寧を現地調査しました。

まずは北京で働く20代前半の男性数人に李寧についてどう思うか聞いてみました。すると、「ナイキの方がデザインがいいので、李寧は買わない」という回答。う〜ん。想像はしていましたが、厳しい現実ですね。

ファッションビルにある李寧の売場も訪れました。陳列された商品をみても、「う〜ん、いまいち」。どこか垢抜けてない印象でした。シューズもどこかで見たようなデザイン。隣にあったナイキの売場と比べると、あきらかに差が出ていました。ただ、値段はやっぱり安くてナイキと比べると3〜5割安という感じです。

「安かろう、悪かろう」という段階で、まだ模倣の域を出ていない印象です。ナイキやアディダスの背中を見ながら、どんどんデザインも商品も洗練できる余地はありますが、彼我の差は大きそうです。ただ、中国では所得が上がるにつれて普段着ではなく、スポーツウェアを着用する機会がどんどん増えるはず。全ての人がナイキとアディダスを買うわけではなく、李寧は一定のシェアは保ち続けると思います。

現在は価格メリットを売りにしてナイキ・アディダスと渡り合っているようですが、一段のレベルアップがないとさらなる成長は難しそうです。現在もPER6倍台、配当利回りも4%超と割安水準が続いていますが、追加買いは控えた方がよいなと感じた次第です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

いまが買いどき?中国の高速道路株

あつまろです。

中国株を手がける方以外は馴染みがないですが、香港市場に上場している「江蘇高速道路(0177)」があります。私は2004年に投資して、もう7年ほど保有している状況です。

そもそもこの企業に注目した理由は、中国の経済成長の恩恵を受けるため、大当たりはしないまでも手堅いインフラ銘柄に着目しました。自動車台数が増えることは容易に想像できたので、有料道路を手がける企業を調べて同社に辿り着いた次第です。自動車メーカーであれば、群雄割拠で激しい競争が予想されますが、高速道路はどのメーカーが普及しようとも台数が増えれば増えるほど、メリットが教授ができると考えたのです。

また、当時は有利子負債を増やしてでも道路の拡張工事をするという、「投資」段階にあったため、長期で保有しておくと完成した道路からリターンを得ることができ、有利子負債も返済して利子負担は減り、安定的に増配が見込めるという思いがありました。

日本の高速道路は地方高速道路は赤字ですが、首都高など東京周りの幹線道路はものすごい自動車利用台数です。同社は、江蘇省の省都、南京から上海路線を主力路線として保有する高速道路です。上海といえば1000万人近い人口を持つ、中国の商業・金融・工業・交通などの中心的都市のひとつです。立地としての手堅さを感じます。

売上構成は通行料收入が73%、ガソリンスタンドなど関連事業收入が25%となっています。既にリターン回収期に入っており、売上高に対する税引前利益率は55.6%と高い利益率を実現しています。また、負債も少なく、株主資本比率は68%となっています。資本比率が高くてもROEは15.5%と資本に対しても高い利益率を出しています。安定的なキャッシュフローがあるため、高い配当が期待できます。ビジネスもわかりやすいですし、業績も安定成長を遂げてきており、中国企業としては投資しやすい企業です。

そんな同社ですから株価が暴落することがあれば、定期預金や債券を購入するような気持ちでドーンと買おうと待っていたら、ついに「やって来ました」。

0177

株価がドーンと下がってきています。落ちるナイフを掴んでケガをしようとも長期でリターンを出せばいいやという気持ちで買いました。これから下がるようなら、追加資金を投入していこうと思っています。2011年6月17日終値(6.46HKドル)ベースでは、配当利回りは6.61%という数字が出ています。

もちろんリスクがないわけではありません。 2010年には上海南京間の高速鉄道が開通している影響も懸念されます。同省の他有料道路の無料化がないとも言えません。日本以上に不正会計への不安感もあります。また、大震災のような自然災害によって設備が破壊される事態もありえます。

リスクと向きあうことは必要です。リスクを許容して攻めの一手を打つのか。リスクに対して投資額を制限するのか、投資そのものを見送るのか。リスクをとらないリスクも考える必要があります。

私は7年間保有してする中で見てきた、香港市場における株価の揺れ、業績の推移、安定して受け取ってきた配当実績などを鑑みて、ここはリスクをとるべきと考えて、追加投資に踏み切っています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

9ヶ月ぶりに株式投資します

あつまろです。

昨年6月に米国株(コカコーラ・ジョンソンエンドジョンソン)に投資してから、早いものでもう3月になります。その間、投資を検討した銘柄がいくつかありましたが、結局、昨年6月以来に追加投資は行っていません。

ですが、ようやく次の投資先が決まりそうです。先月末に本ブログでご紹介した「李寧」です。株価が暴落中と紹介しましたが、その後もジワジワと下げています。 買いたいなと思っていた株価まで下げてきているので、ここら辺で買うつもりです。

「落ちるナイフを掴むことになる」って?

いいじゃないですか。同社が取り扱うビジネスが信頼できるので、さらに下がるようなら追加買いも念頭にいれています。15年保有の視点でいますので、数年間我慢するくらいなら想定の範囲内です。

これから中国国民一人当たりの所得が向上していきます。日本人でフィットネスクラブなど老若男女がスポーツや運動を楽しむことができてきたように、中国でもスポーツ用品市場のパイが広がることは必然だと思ってます。中国は市場が広がっているので、あまり怖くありません。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

中国の英雄企業「李寧」が暴落中

あつまろです。

中国の国民的スポーツブランド
「李寧」

ロサンゼルス五輪体操の金メダリスト、
中国の国民的英雄、李寧さんが創業。
「参考記事:北京五輪最後の聖火ランナー李寧

李寧さんの知名度を活かして、
フランチャイズで加盟店を増やして、
現在小売店舗数は7,000超と言われています。

高価格帯は、ナイキやアディダスなど
欧米のトップブランドが強いのですが、
同社は中価格帯セグメントに強く、
これまで文字通り右肩上がりの成長を謳歌してきました。

中国でのシェアはナイキ、アディダスと
3強を形成していると言われています。

一説では李寧がアディダスを抜き、
中国シェア2位になったとも噂されています。
(アディダスは中国の具体的な数値を発表していません)

李寧については業績を見ても
キレイな数字が並んでいます。

売上は日本円で1,000億円相当。
営業利益率15%超
株主資本比率約50%
ROE(株主資本利益率)約35%

2004年の上場から
5年連続増収増益で、
成長率は10%を超えています。

これまでは常に成長が期待されてきたため、
PERなどのバリュエーションを見ると
割安とは言えない株価水準でした。

そんな同社に昨年末(2010年)、激震が走ります。

メディアが同社の受注不振を報道。
証券会社各社が評価(レーティング)を下げて、
株価は暴落しました。

2011年夏頃までの受注予想が
前年割れが予想されており、株価は下がり続けています。

サーチナ社の株価チャートを掲載します。

李寧


正直、投資チャンスが来たと思ってます。

いまは問題が表面化しており、
1年後に投資利益を出すとなると
難しいかもしれませんが、
10年超の長期的な視点に立つと
あまり恐れることはありません。

PER13倍、配当利回り3.4%
と、ようやく割高感が抜けてきたと思っています。

こういう逆風時こそ、市場参加者に流されず
企業の持つ変わらぬ強みを意識していきたいものです。

李寧の強み・期待感を3つ挙げます。

1.中国トップブランドであること

李寧はナイキやアディダスなど
高級路線を牛耳る欧米トップブランドの牙城を崩したいのですが、
やはりブランド力や商品力などは劣ると思います。

欧米トップメーカが中国市場に本気で進出してきたら
李寧も苦戦するのは間違いないでしょう。

しかし、中国メーカーの中では同社はダントツの
ブランド力と販売網を構築しています。

仮に欧米ブランドには劣ったとしても
日本におけるミズノのように自国ブランドは
一定のシェアを得ることができると思っています。

現在、中国トップブランドであること、
この事実は変わりませんし、将来においても期待できます。

2.中国市場の有望性

中国におけるスポーツ用品市場は
すごく有望だと思っています。

国民所得向上により、スポーツなど
余暇にかけるお金が増えてきています。

今後、どんどん質の高い用品の
売上が伸びることでしょう。

市場全体が成長すれば、
そこで活躍するプレーヤーたちの売上も
当然成長が期待できます。

※余談ですが、ナイキも投資対象候補です。

3.海外展開

李寧の収益は、中国国内に依存しています。

が、これから欧米トップメーカにもまれて、
苦戦はするでしょうが、追いつけ追い越せと
成長機会も多くなると思います。

10年後には他中国電機メーカーのように
アジア・アフリカなど海外展開の可能性で
一定のシェアを得ることすらあるのではないかと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

中国経済成長をチャンスに。

あつまろです。

中国の経済成長が続き、
経済世界一位になる日も
遠い日ではなさそうです。

平均年収を見た場合、日本と中国だと
まだ10倍程度の差があります。
しかし、20年後、30年後
その差はすごく縮まるはずです。

これをチャンスに変えるべく
わたしたち個人がとれる手立ての一つとして
中国経済成長の恩恵をうける
企業への株式投資が挙げられます。

中国経済成長の恩恵を受ける企業の
の株式投資といっても
(1)中国株への投資
(2)他先進国株への投資
という2種類があります。

(1)中国株への投資

GDPの成長、人民元の切上げを考えれば
国内消費系企業への投資を優先したいところです。

しかも、中国人の生活に密着している
モノやサービスを取り扱う企業に目がいきます。

筆頭候補となるのは、高速道路や携帯電話です。

インフラが必要で参入障壁が高い。
利用者が増える見込みがあり、しかも安定利用が見込める。
外資系企業の脅威がない。

あつまろがチェックしている銘柄は以下のとおりです。
江蘇高速道路(ジャンスーエクスプレス)
中国移動(チャイナモバイル)

次に候補となるのは、生活に必要な食品メーカーです。
外資系も含めて熾烈な競争があるはずなので
各商品でトップとなるような企業が候補です。

康師傅
即席麺でトップシェア、ペットボトル首位争い

中国食品
ワイン、飲料、食用油、菓子を取り扱い、
ブランド知名度も高い企業

雨潤食品
食肉加工メーカーの最大手

蒙牛乳業
中国の乳製品トップ企業

青島ビール
中国ビールブランドでシェア2位

(2)他先進国株への投資

中国経済の恩恵をうけるのは
中国企業ばかりではありません。

むしろ洗練された商品やマーケティング力を持つ
先進国企業の方がチャンスがあるケースも多いはずです。

日本企業の中国関連銘柄だとコマツなどがあります。

しかし、むしろあつまろが注目すべきは
アメリカ企業ではないかと思います。

コカコーラ、マクドナルドなど欧米系食品の普及。
P&Gなど生活消費財の浸透。
J&Jやファイザーなどヘルスケアへの意識の高まり。

ナイキなどスポーツブランドや、
ティファニーなどブランド力のある宝飾品も
国民の所得が上昇すると恩恵を受けそうな銘柄があります。

このような製品やブランドは
一朝一夕には生まれません。

日本でわたしたちに馴染みのある欧米製品は
中国でも成功する可能性が高いと見ています。

総括

先進国企業が中国市場で成功したとしても
既に先進国市場で大きな利益を得ているため、
株価が何倍にも成長するかというと難しいです。

一方で既にブランドを確立しているため、
ハズレの確率が低いという相対的なローリスクになります。

中国企業は、群雄割拠で競争も激しい。
企業として洗練されていないところからリスクはありますが、
株価が数倍になってもおかしくありません。
相対的にみるとハイリスクハイリターンになります。

どちらを選択するかは、その人の考え方次第です。
投資をしないというのも選択肢です。

「中国はリスクが大きい」と頭から決めつけて
何もアクションを起こさない人がいると思います。
しかし、リスクをとらないリスクを考慮すべきです。

個別株投資だと銘柄選定は大変かもしれませんが、
幸い日本の投資環境はよくなってきて
中国市場指数に連動した投信が出てきており、
少ない労力と安い手数料で中国株に投資ができます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

2019年中国が経済世界1位に

あつまろです。

まず最初に2009年度の
GDP(国内総生産)順位をご覧ください。

「現状」

GDP


アメリカが14兆ドル。

日本と中国が5兆ドル前後で
竸っている状況です。

2010年度には
中国が日本を抜いて2位になります。

しかし、それでも1位の
アメリカの半分にも満たない状況です。
これが現在の状況です。

「予測」

The Economistによると、
2019年に中国がアメリカを抜いて
世界1位に踊り出るという試算を発表しています。

CHINA VS US


(1) 中国

アメリカを追い抜く頃のGDPは20兆ドル前後です。
約10年で経済規模が4倍になるスピード感です。

変動要素がありますので、多少の誤差はあるでしょうが、
いまから約10年後、中国が世界1位になるということです。
これは規定路線です。

チャイナリスクという言葉をよく聞きますが、
世界で活躍しようとする日本企業にとって、
中国に進出しないリスクをとらないリスクの方が
深刻な事態になりえます。

トヨタを始めとした日本のグローバル企業は、
世界1位市場であるアメリカでの成功を成し遂げたからこその
栄冠であったりします。

今後はアメリカ市場だけでなく、
中国市場は避けて通れない市場です。

しかし、あつまろの目に留まるのは、
中国だけではありません。

アメリカの成長も気になります。

(2) アメリカ

現時点、既に世界1位の経済大国ですが、
日本よりも高い成長を続けているのです。

日本にいると既に成長は飽和して
あとは衰退するのだというイメージができていますが、
アメリカにこそ学べるところが多いのだと思います。

日本は生産年齢人口が急減し、同時に高齢人口が急増する
「人口オーナス」が話題になっていますが、
アメリカは移民などにより、
人口の緩やかな上昇が見込んでいます。

カルチャーなど全てを取り入れるわけにはいかないでしょうが、
アメリカから学ぶことも、まだまだあります。

(3) 日本

お隣り中国は大市場。
さらに東南アジアも成長著しい。

世界でもっとも有望な地域にある
日本の立地は他先進国と比較しても有利です。

漢字文化圏、箸文化圏、黄色人種と
欧米先進国にない文化を共有することによる
有利な点が多く存在するはずです。

やり方次第で
まだまだ成長の余地があることは、
アメリカを見てもわかっており、
お手本となるべき存在がいます。

日本は国家財政などの問題を抱えていますが、
どこの国だってその国ならではの問題は抱えています。

やり方次第で、いくらでも成長の余地があります。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。

買い逃した中国株

あつまろです。

きょうは中国株のことを書きます。

まずは、ここ2年の株価チャートをご覧ください。
香港H株です。
hansen


上昇していますね。

2009年初旬は世界中で株価が
最も安くなっていた時期なので、
そこと比べると、どこの国の株価指数も
たいてい上昇しているのですが、
NYダウや日経平均と比べても
上昇率は高いものになっています。

あつまろはこの間、何度か投資しようと思いましたが、
結局、あと一歩で狙った株価に到達しなかったため、
指をくわえて上昇を見ることになりました。

「あのとき買っていればなぁ〜」
という思うのは、投資の常ですね。

さて、もっと長期のチャートをご覧いただきましょう。
7年程度の期間です。

長期チャート


赤マルを付けたのが
あつまろが投資したタイミングです。
注)投資は個別株式になります。

こうやって見てみると
だいたい株価水準はある一定レベルですね。

うれしいのは、08年での投資タイミングは
株価だけみればパーフェクトに近いです。
何よりもそれまでの期間、株価が高値をつけているときに
高値掴みしていないのはうれしいです。

良いチャンスが来るまで
何度も何度も見逃しストライクを経験しながら
我慢し続けた結果です。

しかし、株価は上昇しているのものの
円高が進んだため、実際にはそんなに利益が出ていません。
やっぱり外国株投資は難しいです。

さて、ここからはこれからの中国株投資。

いますぐにでも投資したい銘柄が
2〜3銘柄あります。

これらは配当利回りで3〜4%台なので
インカム狙いでみても十分投資できる水準です。

また、株価次第で投資したい銘柄で
チェックしているのは10銘柄ほどあります。

中国株は総じて株価は過熱気味です。

ここ最近の中国当局はインフレ懸念対策として、
預金準備率の引き締めや、政策金利の引き上げに
活動をシフトしています。

直近で若干株価が下落しているのは、
これらの施策が景気を冷やすからでしょう。

中国当局は日本の歴史によく学んでいるようです。

不動産バブル化の懸念は常に持ち続けているようで、
熱気ムンムンでバブル化する前に、
このように息抜きをして沈静化への
手を次々に打っています。

この機動力は一党独裁体制ゆえの
有利なポイントなのかもしれません。

いまは中国株に投資する時期でない、
というのが、あつまろの結論です。

時期を待ちましょう。

大きなサイクルの波を待って、
優良企業に投資をする。

これがあつまろのスタンスです。

15年保有の長期投資を志しているので、
1年くらい待つことは慣れっこです。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
クリック応援よろしくお願いします。
ツイッターもやってます。
atsumaro1をフォローしましょう


世界1位、2位の国への投資

あつまろです。

G2と言われて
世界の双璧を成そうとしている
アメリカと中国。

日本はGDPでは竸っていますが、
残念ながら実質的な世界2位は
中国でしょう。

この2つの国で活躍する企業が
現在、あつまろが考える
外国株の主力です。

アメリカ企業と中国企業の
個別企業で比較すると
歪な感じがしていましたが、
もう少し大きな視点で見ると、
意外とこの組み合わせは
いいんじゃないかと思うのです。

「アメリカ」

アメリカの企業は
グローバルで展開する
洗練された企業がたくさんあります。

それは将来への安心感であり、
信頼のおける資金の預け先でもあります。

アメリカの教育水準はピカイチで、
世界中の知が集結してきます。
これは大きな強みです。

また、グーグルやアップルなど
革新的な企業が活躍できる土壌があります。

しかし、既に世界中で活躍している企業は、
今後、成長していっても既に母体が大きいため、
成長率は鈍化する企業も多くあります。

「中国」

中国企業を見ると、
足りないところがいっぱいあります。
また、世界に進出している企業もありますが、
まだまだ中国主体で活躍するという
井の中の蛙です。

しかし、その井戸は大きな井戸です。
チャンスがあります。
高い成長が期待できます。

中国の成長率は8%を超えています。

現在は日本とGDPで竸っていますが、
10年も立たないうちに
日本の2倍の経済力になる見込みです。

中国企業は、まだまだ課題が多いのですが、
市場から莫大なマネーを得ながら
成長を続けていくと思います。

「そして思ったこと」

アメリカと中国の企業に投資するというのは、
矛と盾を装備したような気がします。

アメリカ企業への安心感
中国企業への期待感

先進国と新興国
成熟と未熟
キリスト教と仏教
自由と統制
新超大国と旧超大国

いろいろなことで対比できます、
両国への投資することは、
ポートフォリオとしてバランスが
とれている気がします。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
クリックで応援よろしくお願いします。
最近ツイッターもはじめました。
atsumaro1をフォローしましょう

気になる中国株銘柄たち

あつまろです。

現在は保有していないものの、
将来の投資対象となるタネを
探してみます。

中国は人民元の上昇、
一人当たり所得増加が期待できることから、
中国国内の内需関連を
ターゲットにしたいところです。

出来る限り生活に密着している
製品やサービスを取扱う企業を
探していこうと思います。

業種候補としては、
食品、生活必需品、ヘルスケア、保険から
現在、既に高いシェアを築いている企業を
チェックしていこうと思います。

今回は食品と保険に関する
銘柄をチェックしていきましょう。

康師傅

即席麺でトップシェア、
ペットボトルでは首位争いをしている
中国トップレベルの食品メーカーです。
ROEは26%と高いですが、PERも高い。

PER  36.6倍
ROE  26.2%
配当利回り 1.3%

中国食品

ワイン、飲料、食用油、菓子を
取り扱っており、
ブランド知名度も高い企業です。
でも、株価は高いですね。

PER  30.4倍
ROE  10.3%
配当利回り 0.9%

雨潤食品

食肉加工メーカーの最大手。

食肉加工のシェア95%は小規模事業社が
群雄割拠の状態であり、
中国政府の意向で食の安全性から
基準を満たす業者のみの免許発給し、
どんどん集約化が進められる方向です。

そうなると最大手である
シェアが高まる期待があります。

PER  27.2倍
ROE  20.8%
配当利回り 1.1%

蒙牛乳業

中国の乳製品トップ企業。
牛乳習慣がだんだんと中国にも
普及してきており、
追い風が吹いています。

しかし、同社製品ではないものの
メラミン混入していた事件もあり、
記憶されている方もいらっしゃると思いますが,
乳業メーカーとして同社も
大きく株価が投げ売りされましたが、
最近は業績も右肩上がりに戻り、
株価ももどってきています。
と同時に、株価に割安感はありません。

PER  29.5倍
ROE  13.0%
配当利回り 0.7%

青島ビール

日本でも知名度が高いですね。
中国ビールブランドでシェア2位。
ビールについては、中国での習慣化が
進んでいます。

PER  40.2倍
ROE  15.2%
配当利回り 0.4%

中国人寿保険

中国における生命保険の加入率が低く、
所得向上に伴い成長が期待できる分野と
言われています。
中国の生保1位。

PER  26.1倍
ROE  15.6%
配当利回り 2.3%

平安保険

生保と損保の両事業を展開しており、
ともに業界2位のシェアを占めています。
高い成長予測が見込まれていますが、
その分、PERが高い。

PER  37.9倍
ROE  16.3%
配当利回り 0.6%

日本企業と比較してROEも高い傾向があり、
今回は紹介していませんが利益率も高く
売上、利益成長率共に、日本の同業種と比べると
高い傾向にあります。
※生保事業については、日本企業の状況を把握していませんが・・

最近は中国株市場は好調で
どれもこれもPERで見ると
株価は高く思えます。

ずっとチェックをしながら
株価暴落などでチャンスが来る日まで
何年も何年もニュースなど情報を得て学びながら、
待ち続ける気持ちが必要ですね。

にほんブログ村 株ブログへにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
クリックで応援よろしくお願いします。
最近ツイッターもはじめました。
atsumaro1をフォローしましょう
記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類