あつまろのこだわり資産運用

個人投資家。長期的な視点で資産運用に取り組んでます。

債券投資全般

「高利回り外債」は買ってはいけない

あつまろです。

ちょっと大げさなタイトルを書いてみました。

外債投資の魅力は、日本債券と比較して
高い利回りがあることです。

最近では米国債など先進国を中心として
金利が低くなっててきましたが、
それでも日本と比べると利率が高いです。

とくにネット証券をはじめとして、
ブラジルレアル、南アフリカランド、
トルコリラ、メキシコペソなど新興国債が人気です。

7%から10%まで
日本では信じられないような
利率になっています。

しかも、その安全性も
日本で売られるような債券は、
高い格付けのものが多いです。

しかし、高い数字を見て飛びつくのは早計です。

あつまろはこれらの通貨は投資対象外としています。
その理由は4つあります。

まず最初に、新興国通貨は
為替手数料が高い傾向にあることです。

この為替手数料が往復で2%なんてことになれば、
それだけで実質利回りが2%減ることになります。

2つ目に、為替変動幅が大きいことです。

新興国通貨は、その取引量が少なく
マイナー通貨であることから
為替の振れ幅が大きいです。

投機資金で為替操作されるリスクも高くなります。

このため、下手をすると利率以上に円高に振れて、
為替損でマイナスリターンになる可能性もあります。

これは投資対象外の大きな理由です。

3つ目に、商品ラインナップが少ないこと。

新興国通貨の債券は、商品数が少ないです。

あったとしても、償還までの残存期間が
2〜4年程度の商品が多数です。

あつまろとしては、
10年を超えるくらいの
長期期間が好ましいです。

が、現在は短期のものばかりで、
ほとんど選択肢がないという状況にあります。
(3年以下は短期とみなしてます)

問題点最後の4つ目は、外債の受け皿が少ないこと。

外債へ投資して償還を迎えると、
円に両替されて返金されます。

しかし、さきほどの為替状況もあり、
円高になっていれば、
そのまま外貨通貨で持っておきたいものです。
とくにベストなのは、外貨MMFです。

償還を迎えたときに
為替水準が円安ならそのまま円で受け取り。
円高なら外貨MMFでプールして、
そのまま運用できるというのが理想形です。

また、その逆もあり
円高のときに外貨MMFで買っておいて、
よい金利水準で外債を買う
ということをやりたいです。

しかし、新興国債券を取り扱っているネット証券は
外貨MMFでの受け取るサービスがなかったり、
そのサービスがあるところも新興国通貨は対象外です。

これも新興国債を
投資対象外としている
大きな理由です。

以上4つの問題を考えると、
あつまろが投資対象としているのは、
米国ドル、欧州ユーロ、
オーストラリア豪ドルの3つの通貨です。

そして株式だとSBIや楽天を使用していますが、
こと外債については野村証券が現時点で
もっとも優れていると思います。

次回は、あつまろが実践している
外債投資をお伝えします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

利回り5%の国債を購入

あつまろです。

国債を買いました。
利回り5%です。

「そんな高い金利なはずはない!」
と思われた方、ごもっともです。

買ったのは、日本国債でなく
オーストラリア国債です。

既発債券で、償還までの残存期間は7年です。

野村證券で外国証券の口座管理手数料が
年間2000円はかかるのですが、
今回電子交付への申込をすると無料という
サービスの案内があったので、購入しました。

外債は為替リスクがあります。

あつまろは一部資産は、外貨建で保有するのは
資産分散の価値もあり、ためらいはないのですが、
為替相場で一気に利益が飛ぶ可能性があるので、
その対策方針は以下のとおりです。

1「為替が自分の考える基準より円高になると外貨MMFで購入」
2「高金利のタイミングを狙い、外貨MMFから外債を購入」
3「外債の利金、償還金は、円でなく外貨MMFとして保有」
4「為替が自分の考える基準より円安になると外貨MMFを売却」

現在は1のステータスです。

金利水準が世界で下がったので、
債券購入は、償還までの残存期間が
短いものがよいと思います。

※あつまろの今回の購入は、
それなりに期間があるものを購入しましたが、
打診買い程度です。

ドル円を見ていると、
また円高の方向で動いてるようです。

チャンスがあれば、また円を売って
外貨MMFを購入したいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

再び ソフトバンク個人向け社債発行

あつまろです。

ソフトバンクが前回発行した
社債の売れ行きの良さから、
再び個人向け社債発行をするそうです。

前回は2年もので利率5.1%

今回は3年もので利率4.5%で
発行額は600億円。

前回より利率が下がっていますが、
あの売れ行きの良さを見ると、
あっという間に売り切ると思います。

日本の低金利下で
4.5%は非常に魅力的な数字です。

私は買いませんが、
投資家がどのような反応を示すかは
興味深いです。

なんにしても
個人向け社債がポピュラーになることは、
投資家にとって選択肢が増えるので
喜ばしいことではあります。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

外国債券を買おうと思ってます。

あつまろです。

外債のラインナップが多いのは、
最大手の野村證券です。

野村證券HP外貨建債券

しかし、口座管理料がかかるため、
少なくとも100万以上ないと、
メリットが低いと感じて、投資をしてきませんでした。

その結果、外国債券の資産クラスについては、
現在外貨MMFを持っているだけでした。

が、野村證券から電子交付サービスを申込をすると、
口座管理料が無料にしてくれるという案内が来て、
早速、申込をしました。

外債投資へのハードルがぐっと下がり、
まずは、現在外貨MMFで保有している分から、
20〜30万円程度で、
外国債券購入しようと思います。

例えば、あつまろが野村證券に持っている
豪ドルMMFは現在の利回りが2%ちょいです。

外債で残存期間が10年以上あるものなら、
5%後半になります。
※ちょっと前までは外貨MMFでもこの利回りでしたが・・

本当は高金利時代に、
長期固定でホールドするのがベストシナリオですが、
円高の時に外貨MMFを保有しているのを活用することと、
現在の水準は一時よりかは落ちますが、高い金利水準なので、
手数料がないなら買ってしまおうと思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

ソフトバンク社債 年利5.10% にどう反応するか

あつまろです。

ソフトバンクの社債発行が
話題になっています。

発行額  600億
利率   5.1%
発行価格 100万
償還期間 2年

ソフトバンクHP

メガバンクの劣後債やSBI社債で
年率1%超の社債が話題になっていましたが、
今回のソフトバンク債はその利率の高さから
注目を浴びています。

このソフトバンク社債については、
財務の健全性がよくなかったり(負債比率が高い)、
格付けの低さから敬遠する投資家がいる一方で、
株式投資のような価格変動リスクが低く、
高い利率に魅力を感じる投資家も多いようです。

まさに賛否両論なのですが、
あつまろにとっては、社債がどんどん身近になって
個人投資家の投資の選択肢の一つとして認知度が増して、
今後、企業側も個人への社債発行を選択肢として
入れてきてもらえるのでは、と期待感をもってます。

話を元に戻してソフトバンク社債を始めとする社債に対して
あつまろを含む投資家はどう向き合っていけばいいか、
迷っている状況にあるように思います。

社債なので、企業のデフォルト(債務不履行)リスクを
どう判断すべきかという点に迷ってるようです。

利率を重視するのか、
格付けを重視するのか、
そのバランスをどう見るか。

あつまろは社債投資は、
株式投資での企業分析と
類似するものだと思います。

株式投資を検討できる企業であれば、
社債投資をすることができます。

しかし、その企業の株は買わなくても、
社債なら買うケースが出てきます。

株は買わなくても、社債を検討する際に、
安定性が重要になってきますが、
どういう判断をもって投資GOサインを出すのか、
自分の中でも厳密な答えは出ていません。

個別企業に対する社債投資判断の明確な基準はないものの、
債券投資に対する大まかな方針は決まっています。

皆が債券や預貯金などの安定資産が注目される時期は、
あつまろは株式投資を選択します。

株価が高騰して、景気や金利が上昇している局面で
有利な条件で長期で債券投資をしていきます。

今回のソフトバンク債(2年)は、
債券投資をする時期でないということと、
同社に対する信頼が持てていないことから、
利率の高さは魅力に感じますが、
ここは慎重に見逃しストライクを選択します。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

いまさらですが、「SBI債」について考える

あつまろです。

既に第二弾の販売も完売していますが、
SBI社債が大人気を博しています。

6ヶ月で利率1.8%と
1年で利率1.96%の
2タイプがあります。

SBI




定期預金が1%を割り込んでおり、
一方で株式へいま投資することにためらいを
見せている投資家の心を掴んだようです。

SBIからすると、自社の証券会社を通して
安い利率で資金調達が可能となりメリットがあります。

投資家にとってのリスクは
SBIが経営危機に陥ることです。
ここは気にしておくところです。

あつまろが思うことは、
個人投資家に社債投資という選択肢が
増えたことを素直に喜びたいです。

ネット証券の台頭で
日本株は家にいてお手軽に、
しかも安い手数料で売買できるようになりました。

最近では中国株、米国株など
外国株もネットで売買できるところが
増えてきました。

株式取引は個人にとって
身近な存在になったのです。

一方で債券。

まず、国債が個人向け商品を作り、
一気に普及が広まりました。

しかし、それだけです。
大手証券会社では米国債をはじめとして
外債を買える機会がありますが、
ネット証券では南アフリカやトルコなど
利回りばかりが注目されてリスクの高く、
償還期間の短い商品ばかりで、
まだまだです。

社債に至っては、投信などを通してくらいしか買えない
一般的な個人には馴染みの薄いものでした。

それが今回SBI債が販売されて、
即座に完売するくらい大人気を収めました。
野村なども個人向け社債を売り出しています。

今回の成功体験から、
社債のラインナップが
増えることになるかもしれません。

個人投資家の投資選択肢のひとつとして、
社債が出てくる可能性が出てきたことを
喜びたいです。

ちなみにあつまろは、社債など債券投資については、
好景気で比較的利率が高いときに
長期期間保有できるようなものを
買いたいと思っています。

このため、実際に投資するには、
まだ時期も種類も揃っていない
機が熟していない状況です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。

外貨MMFで豪ドル購入

あつまろです。

外貨MMFで豪ドルを購入しました。
為替レートは60円程度でした。

豪ドルやNZドルは金利下げが見込まれて、
短期的には円高ドル安路線だと思いますので、
大きな投資額でなく7万円程度で購入しておきました。

これで豪ドルだけでは、
残高30万円弱になります。

外貨投資にはFXなどいろんな選択肢がある中、
あつまろは外貨MMFで投資しています。
しかも手数料が高い傾向にある野村證券で取引しています。

あつまろの狙いは為替が安いと思ったときに
外貨MMFにプール。

残高が多くなり、かつ金利が高い水準になったときに
外貨MMFから外貨長期債に乗り換える、
という狙いを持っています。

このため、外債ラインナップが揃っている
野村證券を選択しています。

外債購入は、まだまだ何年も先ですが、
仕込みを続けています。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

マニー(7730)

あつまろです。

ノムラ資産管理フェアに行くので、
事前に企業内容でも見てみようかと思いました。

けっこう毎年来る顔ぶれも多い中、
おそらく初出展であろう企業、
マニーについて、ちょっと事前に勉強しときます。

この企業、あつまろが注目してるのは、
医療機器メーカーだからです。

市場はJQ(ジャスダック)

事業は手術用縫合針、眼科用ナイフ、歯科用治療器。

08年8月本決算の
営業利益率は38.8%超。
ものすごい利益率です。

この景気の中、12期連続増収増益を達成しています。
現在のところ、来期も増益予想です。

マニーの強さは、多くあるのでしょうが、
そのひとつは海外生産でしょう。

ベトナム、ミャンマーに続いて、ラオスでも工場建設。
5年内に生産の8割を海外生産にしようとしています。

医療機器は品質の高さと安全性が求められる分、
他産業と比較して利益率が高くなる傾向があります。

マニーはこの医療部門でニッチ商品で
世界シェアを追及しており、
非常に安心感があります。

ただ、PER16倍と
昨今の株安の割には、
あまり割安感はありません。

メジャー銘柄ではないので、
IR担当に直接、話を聞くのが楽しみです。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

債券との付き合い方

あつまろです。

カテゴリーごとに
いまのあつまろの思いを
書いていくシリーズ。

第四段として今日は
「債券投資」です。

債券といっても、
日本債券と外国債券に二分されます。

債券の考え方は、
景気のいい金利が高い時期に
長期固定金利の債券に投資する
というシンプルなものです。

そういう考えからいうと
日本の超低金利は投資対象外になります。

また、外国債券では
最近メキシコペソ建てや
南アフリカランド建てなどがありますが、
マイナー通貨は為替変動リスクが高いこと、
為替手数料が高いことから対象外としています。

そうなってくると
米ドル建てやユーロ建て
債券ということになります。

ただし、外国債券は為替も
十分に気をつけていきたいと考えています。

実際、米国債が5%近いときなどは
投資したかったのですが、
1ドル120円程度であり、
為替リスクを敬遠して投資を見送りました。

いまは1ドル106円程度ですが、
利回りは3%台まで落ちてきました。

外国債券投資については、
為替が自分の基準でですが、
円高になったと思われるタイミングで
外貨MMFに買付しておき、
高金利になったら長期債券に投資する、
という方法で考えています。

ただし、いまのところは外貨MMFを
若干持っている程度で
ほとんど投資していない状態です。

なお、グローバルソブリン(グロソブ)などの
外国債券のファンド(投信)は手数料が高いため、
投資対象にする気はあまりありません。

最近は米ドルに対して、円高になってきたので、
将来米国債を購入するために、
少しずつドル買いをしようかと思案しているところです。

それにしても、外債は野村や大和など大手くらいしか
ラインナップが揃っておらず、
口座管理手数料もとられるので、
ネット証券ががんばって株式手数料革命のように
外債手数料に風穴を空けてくれないか、と思ってます。

姉妹ブログサイト「あつまろのこだわり英語」へ
blogランキングに一票お願いします



海外債券ETF販売

あつまろです。

楽天証券から米国債券に連動するETFが
販売されるようです。

楽天証券の外国株式ETFは
すごい勢いでラインナップを広げていますが、
ついに、外国債券ETFが日本で販売です。

iSHARES LEHMAN AGGREGATE BOND(AGG)
米国債に連動で年率0.2%とのことです。

外国債券のインデックスファンドよりも
年間手数料(信託報酬)が安くなります。

外国債券で良質で人気のファンド
「中央三井外国債券インデックスファンド」は
年率0.735%の手数料(信託報酬)になります。

3分の1ですね。

ETFは販売手数料がかかる分、
初期コストが高くなりますが、
長期保有するとなるとETFの優位性は高まります。

良い選択肢が増えました。

これで外国債券の投資選択肢は、
以下5点に増えました。

ヽ姐餾跳瑤慮鎚姪蟷
外国債券インデックスファンド
3芦滷唯唯
ぅ椒鵐疋札譽トトラスト
ナ胴餾庁釘圍(←まだ米国のみ)

blogランキングに一票お願いします
記事検索
Recent Comments
おすすめ記事
15年保有前提の株式投資
ポイント亡者に気をつけよう
バフェットの視点 賃貸VS持家
敷金を取り戻そう。
プロ野球親会社の歴史
栃木のすごい企業「マニー」
最強日本企業ファナック
便器の王者TOTO
便器の王者に質問!
コマツ〜日本の底力〜上
コマツ〜日本の底力〜中
コマツ〜日本の底力〜下
パナソニックの将来
ホンダの夢、そして現実
マクドナルド I'm loving it ?
マクドナルド戦略的閉鎖
テルモのM&Aってどうなの?
日本電産の冒険
ポートフォリオの考え方
インフレを前提にした資産運用モデル
90%長期投資と10%投機
神奈川県以外に進出しない学習塾
ケチャップの王様、ハインツHeinz
埼玉のすごいスーパー
15期増収増益企業ヤフーの変心
利益を生み出さない企業、アマゾン
世界を席巻する日本のコンビニ
カルビーのココがスゴイ!
投資道
30日ルール:失敗からの教訓
銘柄選び (貯株銘柄)
銘柄選び (逆転銘柄)
銘柄選び (成長銘柄)
投資方針の設定
お金持ちになる薬
株投資チェックリスト(自己診断)
株投資チェックリスト(定量評価)
株投資チェックリスト(定性評価)
株価大暴落に「ありがとう」
その株買うの、ちょっと待った!
サイフを落としました
Archives
Profile
あつまろの
こだわり資産運用

 

twitter
人気記事ランキング
メッセージ

名前
メール
本文
株式投資の未来
株式投資の未来〜永続する会社が本当の利益をもたらす
バフェットからの手紙
バフェットからの手紙 − 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル
経営者の条件
ドラッカー名著集1 経営者の条件
マネジメント
マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則
プロフェッショナルの条件
プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
銃・病原菌・鉄
銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎
ポーター競争の戦略
競争の戦略
コトラーのマーケティング
コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版
大局観
大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)
自分のアタマで考えよう
自分のアタマで考えよう
知の逆転
知の逆転 (NHK出版新書 395)
  • ライブドアブログ
投資信託の種類