あつまろです。

投資先の優先順位としては、毎年の家計キャッシュフローに貢献してくれる高配当株を中心に投資していきたいと考えています。原油・タバコ・通信株などのオールドビジネス。〇夏障壁が高く、高い成長性も期待できない(ゆえに高値がつきにくい)、K菁のFCFが安定している、という特色がありますので。

私としては定期貯金ならぬ、貯株という発想でいて全体的に税引後で5%超の配当利回りくらいを得られればよいなと思ってます(キャピタルゲインはあったら儲けものくらいであんまり期待しないようにしています)。

原油は英BP、ロイヤル・ダッチ・シェル。タバコは米フィリップ・モリスに英ブリティッシュ・アメリカン・タバコは既に保有していますが、追加投資するか他の銘柄にも手を出すかというところです。通信株は米AT&T、米ベライゾン、英BT、英ボーダフォンあたりを気にしています。

なお、日本企業としては三井物産が私としては原油含む資源株、タバコはJTを保有していますが、あんまり追加投資を考えていません。外国株を優先しようと思います。

全資産の約30%はこれら伝統的なオールドビジネスに投資したいと思っています。現状は12%くらいで、ここへの投資を強めています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします