あつまろです。

世間的にはかなり遅いですが、2017年になって『ふるさと納税』を利用してみました。人気である、肉や果物を中心にためしてみました。感想と来年はどう活用するか考えてみます。

「必要でないものは、やっぱりイマイチ」
高級な果物はおいしいのですが、なんかありがたみが薄れてしまいますね。自分で買ってみたい、食べてみたい!と思って買うものは自分のストーリーがあるのですが、寄付からタイムラグがあることもあり、自分の身銭を切ってる感覚も低いのでそのありがたみが薄れてしまうのはもったいないなーと。

「日常をちょっぴり豊かに」
一方ですき焼き肉はとても楽しめました。いつもよりも贅沢なお肉ですき焼きが楽しめて、日常のものプラスアルファの一品はいいなと思いました。今回は申し込みしていないのですが、高級なフェイスタオルとかそういう日常がちょっぴり豊かにものは良さそうです。

「2018年はどうする」
すこし気が早いですが、2018年はちょっとした家電など、すぐに消えないものを寄付申し込みしたいなと思いました。総務省通達で高額家電や金券類は制約がかかってきていますが、体組成計など1万円くらいまでのものは現時点で存在するようでしたので、来年も存在するなら申し込んでみようと思っています。というか、体組成計は古いので買い替えたいだけですがw 他にもかなり高額ですがエアウィーブとかあるようです、いいな。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします