あつまろです。

伝統的で手堅い投資を好む保守的な投資家ですが、最近はこれまでと違う世界に足を踏み出そうとしています。これまで私が決して手を出さなかった領域です。きょうはまず背景と心境の変化についてお話したいと思っています。
「Amazon・Googleの活躍を目の当たりにして」
ともに生活に欠かせないものになっていて、過去何度か投資を考えたこともありましたが、結局、私の投資の判定基準に合わなかったため投資することはなかった両社ですが、ビジネスは好調です。私がいま感じているのは、儲けそこなったという投資機会損失もありますが、それだけでなくビジネスの発展を投資家というステークホルダーとして見てこれなかったことにあります。投資をすると投資先企業もしくはその業界への関心が高まります。やっぱり活躍する企業や業界というのは、そこに寄り添ってビジネスを見て考えること自体が私にとって楽しみです。 また、余裕資金も生まれてきたので、資産運用でも「あそび」の部分が出してもいいかなと思っているのです。

「孫正義ソフトバンクの活躍」
モノゴトを一般的な人とは違った視点で捉えて行動できる孫さん、ソフトバンクビジョンファンドなどでの行動をみてもこれから来る情報革命について強く関心を持ってきました。さいきん考えている将来の世界から逆算して投資するようなイメージを持とうとしているのは、ソフトバンクの孫さんの影響が多分にあります。

「資産の10%までを投機」
従来から資産の10%までを投機に、というジム・クレイマー氏の教えに以前から共感を持っていましたが、この発想を活かして新しい世界に貢献するような情報革命を中心とした投資(投機)をしていきたいなと考えています。そこで私が求めているのは、投資ですから高いリターンはもちろんのこと、投資を通して新たな知識や見方を得ることで自分自身の世界を広げるということも強く期待しています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします