あつまろです。

人生100年時代。社会人になってからも学習の重要性は増すばかりで生涯学習は私にとってもキーワード。そんな中、オンライン学習がどんどん進化を遂げています。
「スタディサプリ」
とは言え、やはり学生こそが学習産業における大きなパイ。そこですごい成果をあげているのが、スタディサプリ(旧:受験サプリ)です。私自身はつかったことないですが、学び直しをしてみるのもいいなと思いますし、自分の子どもには早めにスタディサプリと触れ合うようにしたいなと思っています。
スタディサプリが成功している理由は、講師の質(やっぱり講師が大事です)、倍速機能(ノーマルって遅いですよね)、複数デバイスに対応、安価なこと。 これらは学生だけじゃなく社会人向けにおいてもオンライン学習の前提になりそうです。

「UdemyとSchooの2大オンライン学習サイト」
オンライン学習では、UdemyとSchooが有名だそうです。私は試しにUdemyに登録してすこし試してみています。登録後は1,200円で講座を買えるので書籍一冊分くらいです。これはお得。
機械学習とかデータ分析などIT系の講座が多いようです。動画をみながら実際に手を動かして試すことができるので、書籍より優位性がありますね。
Schooの方はデザイン思考とか、パワポとか、姿勢学とか、質問力とか、とっつきやすい感じです。

「機械翻訳とコンテンツの高まり」
今後もオンライン学習への事業参入もコンテンツ量も増えて、さらに魅力的なものになりそうです。また機械翻訳の高まりによって外国語での教育コンテンツもより楽しめそうです。そうすると1億人のなかでの講師を探すだけでなく世界の良質な講師から受講することもできますね。そして何より日本の講師が世界70億人にむけて教育を提供していくことにもポテンシャルを感じます。日本ならではの価値やコンテンツがあるので、これも楽しみです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします