あつまろです。

今回から複数回にわけて私の投資スタイルをご紹介しようと思います。今回は「あつまろ流投資シリーズ仝逃し三振でもチャンスは来る」。
「数々のチャンスをふいにしてきた」
投資を経験したことのある人なら、「あのときに買っていれば、あの企業を買っていれば」という思いをもったことは必ずあると思います。「たぶん株価が上がるだろうな」と思って投資せずに見逃して、スルスルと株価が上昇して「あ〜あ」となります。投資をするということは、数々のチャンスをふいにすることと同義です。

「見逃し三振は悪いことじゃない」
「たぶん株価が上がるだろうな」の「たぶん」は、自分のなかに確信が持てていない。そこで投資をせずに株価が上がったとしたら、「あのとき投資をしていれば〜」という後悔をするよりも、むしろその出来事と当時の心境を省みることで、自分のマーケットや自分の投資眼を検証していくことによって経験値がすこしずつ養われるのではないでしょうか。そして投資をしなかったとしたら機会損失にはなりますが、実質的な損失は発生していません。マーケットと対峙し続けることで、見逃し三振はアウトではなく次のボールを待つことになるのです。

「悔やまれる三振」
「『たぶん』株価が上がるだろうな」でなく、「『きっと』株価は上がるだろう」と投資をしようと決意しておきながら、「もうすこし安くならないかな」などと、さらに欲をかいてしまって結局投資できないケースがあります。これは非常に悔やまれます。数パーセントの利ざやをとろうと欲張って、大魚を逃してしまうケースです。これは本当に悔やみます。「たぶん」のように確信がもてないものはともかく、自分のなかで納得できるケースは投資をしたいなと思っています。これはなくしていきたいなと思っています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします