あつまろです。

居酒屋業界は、けっこう苦戦している企業が多い印象ですが、その中で勢いよく拡大してそうな印象があるのが鳥貴族です。 今回は鳥貴族に行ってきました。
「280円均一の魅力」
鳥貴族は過去2、3度訪れたことはありますが、ここ数年間は訪れていませんでした。やはりドリンク、焼き鳥、一品ものまでメニューがすべて280円均一がすごく魅力的です。ただ、「安かろう悪かろう」でないのが成功を継続している秘訣。今回訪れる前に鳥貴族のことを調べて行きましたが、鶏肉はすべて国産を使用しているとのことです。

「コスパが高いメニューたち」
コスパが高いなと思うメニューをいくつか紹介します。
まずは看板メニュである「もも貴族焼」です(むね貴族焼もありますが、私はももの方が好きなので複数本オーダーしました)。通常の焼き鳥串と比べて大きさが際立ちます。
地味にドリンクもコスパ高を感じさせられます。私は「ザ・プレミアム・モルツ(中)」ですが、これも280円。ちなみに金麦だと700mlで、すごいボリューム。
そして今回、驚いたのは「とり釜飯」です。この価格は恐るべしです。味もおいしい。これは鳥貴族を訪れたらマストな商品だなと感じました。

「お店で垣間見たコスト低減への取り組み」
まずは内装。テーブルごとにパーティションが区切られていて、プライベート感が出ていますが、テーブルあたりのスペースはけっこう狭い印象がありました。同じ規模でも通常の居酒屋と比べても客席が多いんじゃないでしょうか。
次にオーダー。タブレットでオーダーする方式です。これはよくある方法なので、そこまで驚くものではありませんが、こういうシステム投資も規模が大きければ大きいほど効果がありますね。
3つ目は鶏前提のメニュー。メニューはいろいろありますが、やはり鶏を前提にしたメニューが並びます。食材を鶏に特化することで、廃棄ロスを防いだり大量仕入れメリットがありそうです。
コスト低減をすることで、280円でおいしい料理を提供できていると思うと、こういう企業努力はウエルカムです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします