あつまろです。

私は自分の資産運用のなかでルールを設定しています。そのひとつが新規株式購入における3ケ月しばりというルールです。
「興味をもっても3ケ月は投資しない」
株式投資をしていると、いろんな機会で有望な企業をみつけることがあります。特に「この企業はスゴイ!、すぐに買おう!!」という心境になります。しかし、そこから3ケ月はどんなに投資したくても投資しないというルールです。

「ねらいは時間のフィルタで冷静な思考を得ること」
ショッピングの衝動買いと同じで投資したいとなると熱してしまうものですが、そのときは楽観的(ポジティブ)な見方に偏りがちです。しかし約100日(3ケ月)の間隔をあけると、おのずと頭が冷静になってくれます。そこをねらって定めたルールです。

「ロングタームが私の土俵」
私の投資スタンスは長期(ロングターム)であり、15年は保有するということを前提にしています。長い付き合いをするためには、その前にも一定の準備期間を設けるという考え方です。私にとっての敵は冷静な思考を失った自分自身です。 とは言え、私にとっては3ケ月はあまり難しくない期間です。だいたい投資をしようと思ってから実際に投資を遂行するまで、株価水準をみたりして1−2年経過することはしょっちゅうです。なかには10年以上モニタリングしながら依然として投資していない企業もあります。ひとつの企業だけ追っかけるスタンスでなく、多くの企業を注目企業としてリストアップしながらモニタリングを継続して、株価バリュエーションをみながらその時々で有望な企業に投資するというスタンスをとっています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします