あつまろです。

外食チェーン業界のことを調べていこう!と思っているのですが、フィールドワークと称していろんな外食チェーンを訪れてみようと思います。第一回は天丼てんやです。じつはあまり馴染みがなくて、10年くらい前に1度試しにはいったことがあるぐらいです。そんな天丼てんやに行ってきました。
「ちょい飲みとしての、てんや」
訪れたのが18時くらいだったというのがあるのですが、ちょい飲みをしているサラリーマンがけっこういました。「生ビールセット 580円」として、天ぷら4品(海老、いか、れんこん、いんげん)とキリン生ビールがセットでこの値段です。 ひとりでの晩酌や、夕食のお供などにちょい飲み近年ブームですし、そういう目でみると、天丼てんやが違って見えてきました。 お酒のつまみとして、ほたての天ぷらが130円、まいたけが100円、海老が210円とみると大変リーズナブルだなと感じました。

「持ち帰りで夕食の一品としての、てんや」
私が食べていると、仕事帰りであろう女性が数人分の天ぷら盛り合わせを買っていました。 てんやは外装から持ち帰りを意識したつくりになっています。お弁当はオフィスのランチとしても、夜のうちごはんとしての役割も担えますし、夕食のメインとするのもありです。 天ぷらは家でやると調理の準備や片づけが大変なので、買ってきた方が手軽だなとは思いました。

「季節の天ぷら、てんや」
どうも季節メニューがあるようで、桜海老と玉ねぎのかき揚げ、穂先竹の子、いんげん、ほうぼう(白身魚)、海老、海苔の天ぷらが載った「桜海老天丼(850円)」の看板がかかっていました。個別にもオーダーできて、桜海老と玉ねぎのかき揚げ(200円)、穂先竹の子(100円)とちょい飲みにも活躍しそうです。

「てんやでオーダーしたもの」
私はというと、「天ぷら定食、穴子追加、半熟たまご追加」でゴージャスにいきました。天ぷら定食は天丼と同じように海老・いか・白身魚・かぼちゃ・いんげんという天ぷらとほうれん草がついてきます。あとはごはん(食べ放題)と味噌汁です。 最初にほうれん草を食べたあとに、天ぷらをどんどん食べていきましたが、やはり天ぷらのお店だけあって、天ぷらの衣もあまりに厚すぎずサクッとしていました。この値段だとコスパ高いなと感じました。 天ぷらを食べ終わってもごはんが残っていたので、そこで半熟たまごと天つゆをご飯の上にかけて、天つゆ半熟卵かけご飯で仕上げました。もうお腹いっぱいです。てんやのHPに50円割引クーポンを発見したので、それで890円くらいになりました。ごちそうさまでした。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします