あつまろです。

どうも外食チェーンビジネスが気になるので、2017年は外食チェーンビジネスについていろいろみて、考えて、書いていこうと思います。 私は単独ブランドについては大きく4つのステージがあると思います。1)100店舗を目指す企業 2)300店舗を目指す企業 3)1000店舗を目指す企業 4)1000店舗を超えて推進する企業です。
「100店舗を目指す企業」
まだ世間一般には知られていないブランドになります。このなかにはすごい勢いで成長する外食ブランドもあれば、長い年月をかけて徐々に伸ばしていく地に足のついた企業があります。前者で勢いのある企業に投資できれば将来的に大きなリターンを得る期待ができますが、リスクが大きいのも事実。私は後者としてパブ居酒屋のハブ(3030)などに注目しています。30年超かけて、100店舗くらいにたどりついてきています。

「300店舗を目指す企業」
100店舗を超えてマネジメントの壁や、いっときの話題性を超えて本当の実力があるか問われる企業になります。株価バリュエーションが高くなければ、ここを目指す企業に投資すると長期的な成長期待がもてます。串カツ田中(3547)やいきなり!ステーキ、磯丸水産ブランド(会社としては複数ブランド保有)があります。

「1000店舗を目指す企業」
300店舗を超えると、創業メンバでは質・量ともに運営できなくなるので、新たなメンバを含めて経営体制を組む必要が出てきて、そこが壁になると思います。また主要地は既に押さえていますし、新店だけでなく既存店収益をあげる継続的な実力が問われます。既に消費者認知もされているので、目新しさは薄れてきていて長い目で応援してくれる消費者ファンも必要になってきます。ただ、既に300店舗まで進めてきた実力もあるので、ミドルリスク・ミドルリターンで成長が期待できます。リンガーハット(8200)や丸亀製麺を経営するトリドール(3397)があります。

「1000店舗を超えて推進する企業」
外食チェーンの限界は1000店舗じゃないかと思います。ここを超えて成長は至難の業。1000店舗を超えると伸びが難しい。既存店を継続して伸ばすのも困難ですし、出店地も難しい。ブランド名でいうとミスタードーナツ、モスバーガー、CoCo壱番屋、サイゼリヤなど。1000店舗を超えて大きく成長できたのはマクドナルドくらいですが、それでもご存知のようにマクドナルドもいろいろ苦戦したりしています。

中長期的な安定を目指す私としては、2)300店舗を目指す企業 3)1000店舗を目指す企業から有望な企業に特に注目していきたいと考えています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします