あつまろです。

外食チェーン店は誰もがお世話になったことがありますよね。わたしにとって、家の周辺に囲まれると幸せだなという外食チェーンを5つピックアップしました。
「外食は投資家にとっては株主優待という楽しみ方もあります」
これから5つの外食チェーンを取り上げますが、それぞれ株主優待があります。残念ながら私は消費者としては好きなのですが、投資家としてはどの企業の株式も保有していないのです。でも株式投資ってこういう自分に身近で価値がわかっているものなどはオススメの投資方法なんですけどね。収益性や株価バリエーションもあるので、なかなか機会に恵まれず、でして。ま、それぞれ紹介しながら優待の話もしてみます。

「吉野家」
ちょっとしたときには牛丼は食べたくなるんですよね。松屋派とかすき家派とかなか卯派などいらっしゃると思いますが、わたしは吉野家派。やっぱり吉野家の牛丼が私には一番おいしく感じます。2年ほど前に引っ越してきて、いまの家の付近では吉野家がなくて、たまにやむなくすき家を訪れますが、やっぱり吉野家が恋しいです。ちなみに吉野家を運営するのは吉野家ホールディングス (9861)で、最低投資価格は約16万円で3000円(300円X10枚)の優待券が年2回。

「リンガーハット」
ちゃんぽんで有名なのですが、私は皿うどんが好きなので、ここで野菜たっぷり皿うどんを好んで食べています。ここは家の近くにあるショッピングモールのフードコートに入っているので週末のお昼などに買い物がてら食べることがあります。会社名もリンガーハット (8200)で最低投資価格は約23万円で1080円(540円X2枚)の優待券が年2回。

「CoCo壱番屋」
学生時代に食べて全然おいしくないなーと思っていたのですが、前に住んでいた家の近くに新たにオープンしたので試しに食べてみたらおいしくてだんだん好きになってきました。いまは歩きだと20分くらいかかるので、たまに自転車でいくか、雨の日など配達で注文することがあります。ちなみに私の好きなトッピングはぶたしゃぶです。運営するのは壱番屋 (7630)で最低投資価格は約37万円で1000円相当の優待券が年2回。

「餃子の王将」
大阪王将とは違うお店です。ここは小学生時代から通っていたのですが、最近はどこも店舗がキレイです。いっとき、すごくはまって平日夜などよくいきました。そのときどきで注文が変わりますが、天津飯(京風たれ)と餃子が一番注文するのが多い気がします。運営は王将フードサービス (9936)で最低投資価格は約41万円で1000円相当の優待券が年2回。だんだんと優待利回りが下がっていきますね。

「銚子丸」
今回紹介したなかではもっともマイナーかもしれません。千葉県を地番とした回転ずし『すし銚子丸』を展開しています。引越し前も現在も自転車で20分くらいのところにあるのですが、車で外出するときなどよく訪れます。回転ずしでは、かっぱ・くら・スシローよりも値がはりますが、その分おいしいです。運営はそのまま銚子丸 (3075)で最低投資価格は約43万円で2500円相当の優待券が年2回。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします