あつまろです。

親になって考えることのひとつに進学・受験があります。本人の考えを尊重するのは大切なことですが、幼いうちに親がどのような考え方で環境を提供することが大きな影響を与えると思います。私自身は高校受験でしたが、東京という都市や最近の傾向として早期の受験も大きな選択肢となるようです。自分の場合はこうだったからこれでいい、というのもマズイだろうと受験についてすこし調べてみたりしています。
「小学校受験はファーストクラス」
雑誌PresidentのFP畠中さんのコラムだったと記憶していますが、小学校受験はファーストクラスのようなものだという表現をされていました。おもしろい表現だなと印象に残りました。ふつうの共働き夫婦では小学校受験をするのは分相応という指摘をされていました。まだまだ小学校受験は一般家庭には馴染みが薄い領域のようです。

「中学校受験はビジネスクラス」
家計負担はありますが、中学受験になると私立中高一貫校もありますし、多くの人が参加するようです。わたしの小学校時代は数名が私立中学校を受験して進学していきましたが、地域や時代が違うのでもっと多いのかもしれません。

「高校受験はエコノミークラス」
これがもっとも家計には優しいそうです。私立か公立かで違いますけどね。大学まで含めてオール国公立になると授業料だけの目線でみるとLCC(ローコストキャリア)ともいえそうですね。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします