あつまろです。

ここ2−3年は相場環境がよいので、以前に比べて割安感がなくなったこと、下落相場がくることも念頭に入れながら、インカムゲイン(配当)拡大を意識しながら株式投資を実施しています。
わたしのような個人で長期で保有する志向がある投資家は、下落相場で買う逆張りを目指しがちな傾向にあります。その一方で逆張りだと、好環境相場下にあるマーケットで参加できなくて機会損失も発生します。 私はある一定の比率の資産は常に株式で保有したいと考えています。でないと、好景気相場では資産の預け先が限られてくるからです。

ここ2−3年は手堅いビジネスをしている企業、業界や個別企業の問題ですこし低迷している企業ののうち、配当利回りが高いものも優先検討として投資をしています。今後相場が悪くなると時価評価が下がることもあると思いますが、配当として安定したキャッシュが入ってくると精神安定剤としての役目も担えますし、配当金を元手にして買い増しや他銘柄を投資することを考えています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします