あつまろです。

資産運用をおこなっていくなかで、大きな検討要素が住宅をどうするのか、です。 いろんな場面で「購入VS賃貸」の検討がなされており、それは人それぞれの価値観や相場環境によって答えは異なるのですが、私個人としては、賃貸ということで決着をつけてきました。 しかしながら、35歳になって「購入VS賃貸」の問題が再び出てきました。 しばらく「購入VS賃貸」についてどのようなことを考え、どのような行動をとったのかを書いていこうと思います。 「私個人としては、賃貸ということで決着をつけてきました。」と述べましたが、どうして私は賃貸を選択してきたのかをまずお伝えします。
「理由1:資産運用は金融資産での運用を軸という考え方から」
住宅購入をすると資産になるという話がありますが、逆にいうと資産を不動産で持つということになります。仮にローンを組むにしても、諸費用であったり頭金が必要になって家計資産を不動産に振り向ける必要が出てきます。不動産は資産というのは考え方として十分あると思いますが、私としては金融資産を軸として資産運用して、資産形成をしていきたいという思いがあり、これを選択してきました。 これは個人としてどちらを好むかという問題だと思いますが、私は社会人になってずっと株式など金融資産運用に時間と資金と情熱を傾けてきたので、それは大きな理由です。

「理由2:賃貸の変化への強みに惹かれた」
わたしは現在関東に住んでいますが、もともとは関東以外で生まれており、リタイア後などは関東以外で暮らす可能性があると思っているので、そもそも定住するという考え方がありません。さらに仕事をしていくと勤務地の変更する可能性があります。そういうシーンに購入していくと移動が難しくなります。
また、購入となると3LDKが一般的ですが、DINKS時代であれば1LDKで十分ですし、子どもが小さいうちは2LDK、大きなったり家族が多くなると3LDKもしくは4LDKと広くしていくことが合理的だなと考えました。仮にDINKS時代で住宅購入してそれになれて、後々家族が増えると逆に個人スペースは狭くなっていきます。私は身の丈にあわせながら徐々に利便性を高めていきたいと思っているので、賃貸の拡張のしやすさは魅力的でした。
また賃貸であれば引越しをしていくことで、築浅の物件に住み替えることで住宅設備が常にある程度の鮮度を保てるという住宅設備の進化にも魅力を感じました。 ということで賃貸の強みとして、「移動」、「広さ」、「築浅」への変化が容易ということが要点です。

「理由3:購入の方が安いという主張に疑義を感じた」
よく購入VS賃貸で比較されるのは、住宅ローンの支払額と家賃との比較だったりしますが、私はこれが怪しいなと考えていました。例えばマンションを購入した場合は、管理費、修繕積立費、固定資産税など諸費用が発生しており、そこを統合して議論していかないと比較にならないと思ったからです。 また、同じ場所に仮に30年住むとなれば普通は水回りのリフォームは必須でしょうからそこも検討要素になりますし、さらに建物全体としての修繕積立費についても本当に月々の積立で大丈夫なのか?という不安を感じていました。 ただ一方で賃貸の方も途中で引越しすると思いますし、その費用を検討する必要があります。
私としては当時シミュレーションして購入VS賃貸で状況次第で勝ち負けが分かれたので、その点が曖昧なのであれば先の2点を鑑みて「賃貸」にすべしという考えでした。

「理由4:家族の意見」
理論だけでなく、すごく大切な点は一緒に暮らす家族の意見です。私のパートナーは購入か賃貸への思いよりも駅までの距離などの利便性や、理由2の「賃貸の変化への強みに惹かれた」思いが強く、ともに意見を同じくしてきました。

これらの理由から、私は賃貸を選択し、その暮らしに満足してきました。しかし、そんな私が10年近く経過して改めて「購入VS賃貸」を考えなおすことになりました。次回はなにがおこり、どういうことを考えたかをシェアしたいと思います。

関連エントリ:
わたしの「購入VS賃貸」検討(なぜ購入を検討しはじめたのか)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします