あつまろです。

3ヶ月も更新が空いてしまいました。訪問されている方がいらっしゃれば、長い期間不在にしてすみませんでした。多忙もありますが、公私ともにいろんな変化があり、そこで様々なルーチンが壊れてしまいました。ブログと同じくジム通いは10年以上継続していましたが、そちらも月1−2回などという感じになってしまいました。2016年は少し時間ができるので、新しいルーチンを組み立てていきたいという思いを持っています。もちろんブログの継続的な更新もルーチンのひとつに組み込むつもりです。これからまたよろしくお願いします。
「2015年のパフォーマンス」
2015年は時間の余裕がなくて投資もあまり時間がかけられず最低限の売買になりました。それでも年間通しての投資パフォーマンスはマーケットが全体的に上昇したのでそれなりに良かったです。いくつか注目の銘柄をとりあげいきます。

「ソフトバンク」
2015年における数少ない投資銘柄のひとつ。 昨年はマーケットが好調であったため割安感がないところが多かったのですが、政府の携帯価格への関与というネガティブニュースで下がっていたので買いました。正直、通信事業はキャッシュカウ(投資キャッシュ(現金)を生み出す事業)でゼロ成長でもいいくらいと思ってます。 むしろ孫正義ならびにニケシュアローラというネットビジネスの鑑定眼と思い切った投資スタイルという、ベンチャー投資ファンドみたいな方に成長を期待しています。 あと、副産物として彼らが関心を持つビジネスを知ることも、株主として関心をさらに高めてみていきたいと思っています。ペッパーに代表されるロボット・AIの分野はおもしろいです。また別で書こうと思いますが、あれはビッグデータの情報収集端末になる可能性を感じます。 以前は関心の低かったハイテクやネットビジネスもまずは勉強するところか始めたいと思います。 ま、そういう思いでソフトバンクを買いました。 私の投資前提である15年を経過したときにどうなってるか、大化けしてるのか、ミイラになっているのか。

「三井物産」
こちらがソフトバンクと双璧をなす私が新たに投資した銘柄です。2015年は全般的に好調な景気でしたが、唯一オイル関連だけは下げています。 三井物産は日本企業のなかでも総合商社のなかでも資源依存比率の高い企業であり、投資しました。 総合商社では伊藤忠商事が絶好調で、三井物産は不調でした。 2016年もまだオイル価格は下げていくリスクがあります。 しかし、長期視点でみればポジティブにみています。 2050年くらいまでは化石燃料が世界をリードすると思っているので、まだまだオイルがダメで暴落していくならどんどん投資していこうと思っています。その際の基準は厳しい事業環境でもそれを耐え忍べる企業体力があるか。ブランド・ノウハウ・人脈・財務体力などがそれに該当します。


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします