あつまろです。

投資をしていると、自分の好きな業界みたいなものができてきます。 私の場合、食品、エネルギー、インフラ、医療機器、学習塾業界といったところに関心が向かうことが多いです。
「食品・エネルギー・インフラ業界」
世界の人口増加と経済成長の恩恵を受けるので、長期的に考えやすいです。 ここら辺のブランド・利権・技術を有しているトップに近い企業に張っていけば、成長のシナリオがイメージしやすいからです。 これらの企業で株価が下がるシーンがあれば、買いなわけです。 
具体的な企業を挙げると、食品だと米コカ・コーラなど。 エネルギーだと欧米オイルメジャーとか場合によってはコマツなどの鉱山機器メーカーも入ります。 インフラだと私は中国の高速道路運営企業などを対象にしていたりします。保有していませんが鉄道もいいかもしれません。バフェットも数年前にBNSFを買収していますしね。

「医療機器業界」
医療機器は特に好きな業界で、これまた経済成長や人口増に加えて、技術や信頼性(ブランド)による高収益率が大変魅力的です。 通常メーカーだと優良企業で営業益15%だとすると、2倍くらいの20−30%くらい稼ぐことができる業界のように思えます。医療機器はJ&Jのようなグローバルジャイアントから、ニッチ分野で活きる日本企業のテルモ・シスメックス・マニーなどがあります。 ただ、最近は本当に株価が伸びてきて手が出ないどころか、ちょっと行き過ぎだろうと保有株数を減らしているくらいです。

「学習塾業界」
最後に学習塾業界。こちらは先細りしていく業界ですが、設備もたいして不要であり、収益率が高い。比較的強い企業が、個人事業主が撤退した後のシマをとっていくイメージ。 この業界は主にインカム狙いで定期預金ならぬ「貯株」の発想法で年3%超の配当をGETできればいいという考え方です。私の好きな企業は、ステップです。大変な孝行息子で、業績が安定成長による増配を重ねた結果、投資額に対する配当利回りが5.6%(税込)に育ってくれてました。

「苦手な業界」
逆になかなか投資をしない業界として金融・ネット・ITがあります。 比較的ハイリターンが期待できるのでしょうが、金融はなんかわかりにくいです。 ネットとITは新陳代謝が激しいので長期で見るのが難しいです。 ただ、最近は投資パフォーマンスが多少劣化したとしても勉強の意味を込めてネット・IT業界への投資デビューしようかと考えています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします