あつまろです。

最近ではリクルートカード、REXカードなど高還元率カードが出てきますが、私は「Reader's Card (リーダーズカード)」をベストクレジットカードに推します。実際に2012年からをメインとして、このカードを利用活用しており今後も継続して使用していく予定です。今回はReader's Cardをなぜベストと判断しているのか、ご紹介していきます。先にお断りしておきますがベストというのはあくまで私にとってであり、人それぞれのライフスタイルによって判断基準は異なります。
過去参考記事:「クレジットカード、私はこう使う

「長所その1.還元率Amazon値引きなら1.8%」
「長所その2.JACCSモールを経由でAmazon利用なら還元率2.3%」
「長所その3.ポイントの使い道がデポジット(請求時値引き)」
「長所その4.家族カードあり」
「長所その5.旅行傷害保険が充実」
「長所その6.カードデザインが良い」

「短所その1.年間利用50万未満なら年会費2,625円」
「短所その2.ポイント有効期限が2年」
「短所その3.JACCS(ジャックス)ブランドがイマイチ」
「長所その1.還元率Amazon値引きなら1.8%」
これが最大のメリットです。溜まったポイントをAmazonデポジット(請求時値引き)として利用した場合、還元率が1.8%になります。 通常のポイント付与率は1.5%なのですが、ポイント利用をAmazon限定デポジット(請求時値引き)に利用すると5,000円分のポイントをAmazon限定デポジット6,000円分に交換できるのです(JACCSがさらに1,000円分出してくれることになります)。この結果、実質的に還元率1.8%になります。

「長所その2.JACCSモールを経由でAmazon利用なら還元率2.3%」
じつはさらに還元率を高められる余地があります。JACCSモールのサイトを経由してAmazonを始めとするサイトでネットショッピングをすると、通常ポイントに加えて+0.5%のデポジットが与えられます(Jデポという言うそうです)。この結果、Amazonで購入して貯まったポイントをAmazonで利用すると実質還元率2.3%になります。 JACCSモール経由でショッピングできるのはAmazonだけでなく、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのサイトも利用できます。

「長所その3.ポイントの使い道がデポジット(請求時値引き)」
ポイントの使い道はマイルや商品プレゼントなどがありますが、私はキャッシュバックやデポジット(請求時値引き)が一番いいと思っています。日常生活における消費判断を変更する必要がないからです。例えばマイルが貯まったらからマイルが使える路線で旅行を選択しよう、というチョイスはできればしたくないです。たまにマイルの有効期限が迫ってるから旅行に行くなんて話なんて聞くと、目的と手段が入れ替わってるように感じてしまいます。制約を受けずに自由に日常の消費を選択したいです。私の場合は飲料水や入浴剤など日用品もAmazonを利用して購入しているので、ポイントを意識せずとも勝手に請求代金から値引きしてもらえるスタイルを気に入ってます。

「長所その4.家族カードあり」
家族カードが無料で発行されるか否かは私にとって大いに注意している点です。パートナー(夫・妻)も家族カードでポイントの集約化ならびに高還元率を享受できるのは大変魅力に感じます。 このReader's Cardもそうですが、ある一定以上の利用額がないと年会費がかかるカードがあります。しかし家族で集約していると年会費無料になる条件も発動されやすくなります。

「長所その5.旅行傷害保険が充実」
海外旅行傷害保険 後遺障害・死亡保険金 最大2,000万円
国内旅行傷害保険 後遺障害・死亡保険金 最大2,000万円
さらにポイントなのは海外旅行傷害保険は、旅行代をカード支払いを選択していなくても付帯されます。クレジットカードの旅行保険は旅行代のカード支払いである「利用付帯」が多いので、ここもメリットですね。

「長所その6.カードデザインが良い」
黒を基調としたデザインもなかなかよいです。JACCSのロゴは正直イマイチですが・・・
card

ここまでは長所です。私の生活事情を鑑みると長所1ー4が大いに魅力を感じている点です。長所5−6はオマケ程度です。次からは短所をご紹介します。

「短所その1.年間利用50万未満なら年会費2,625円」
年間利用料が50万円未満なら年会費がかかります。 正直、日頃からクレジットカードを利用する習慣がない人、既に満足できるメインカードをお持ちの方にとっては2,625円の年会費を払ってまで保有するメリットはないと思います。 私の場合は、光熱費や携帯など通信費もクレジットカード支払い、スーパーなど日常のショッピングもカード払い、しかも家族複数人で使用するとなると、年会費50万円は余裕で超えるので年会費は発生せず短所になりません。

「短所その2.ポイント有効期限が2年」
セゾンなどポイント有効期限が永久だったりしますが、有効期限2年はデメリットになり得ます。ただし、私の場合はガンガン日常からカードを利用するので、けっこうすぐにポイントが貯まって還元していますので、全くデメリットに感じません。

「短所その3.JACCS(ジャックス)ブランドがイマイチ」
個人的にはJACCS(ジャックス)ブランドはイマイチな印象をうけてしまいます。

「短所その4.ポイント交換申請が郵送手続き」
じつは私がReader's Cardを持ったときの最大の短所は「ポイント交換申請が郵送」だったことです。この点だけは本当にイマイチだなと感じていました。ただし、すぐに改善されてインターネットから簡単にポイント申請ができるようになりました。結果的に一度も郵送手続きを経験しておらず、ありがたいです。

「他高還元率カードとの比較」
このカードを持って1年半ほど経過しました。当時は間違いなくこのカードがベストだと思っていましたが、最近では冒頭で述べたリクルートカードプラスやREXカードも出てきています。 REXカードは還元率1.75%がメインでなので私のポイントをAmazon限定利用時に比べて若干劣ります。またカードフェイスもイマイチですね。REXカードが明らかに魅力なのはショッピングプロテクションです。リクルートカードプラウは還元率が2%にまで上昇するので魅力があるのですが、ポイント利用がリクルートの関連するサイトでしか使用できない点がデメリットです。わざわざポイントを利用するために普段ショッピングをしないサイトで買いたいものを探すというのはイマイチです。また家族カードを作るのに年会費1,050円かかるのもデメリットです。私のライフスタイルを鑑みると還元率0.2%低くてもReader's Cardに軍配が上がります。今回ベストクレジットカードに認定したのはあくまで私の事情において、です。 みなさま、それぞれのライフスタイル次第では、リクルートカードプラス、REXカードの方が良かったり、今回はあまり説明していませんが楽天カード、SBIカード、漢方スタイルクラブカードなどもベストチョイスになり得ます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします


日経 TRENDY (トレンディ) 2014年 03月号 [雑誌]