あつまろです。

クレジットカードはうまく使うと日常生活でいろんなお得を手にすることができます。今回は私のクレジットカードの使い方を紹介していきます。
「日常使いのメインカードを1本に絞り込む」
私にとってクレジットカードの最大の利点はポイントがつくこと。ポイント還元率が高いクレジットカードをメインカードに定めてそれをガンガン使っていきます。現在はReader's Card (リーダーズカード)をメインにしています。 Reader's Cardは後日あらためて詳しく説明しようと思いますが、ポイントをAmazon利用料に充当すると1.8%という高還元率になるというのが最大のメリットです。Amazonサイトで購入したものに限ると還元率は2.3%まで跳ね上がります。 光熱費の引き落としも含めて日常の決済はReader's Cardに一本化しています。

「特別な利用シーンを想定したサブカードを2、3枚保有する」
たくさんカードがあると管理が面倒なので2、3枚くらいを限度にして、見逃せない特典がある場合に限りサブカードを保有します。この際、メインカードと異なる国際ブランドを選ぶように心がけています。お店によって利用ブランドが制限されている場合を想定して、です。
例)メインカードがVISA、サブカードがJCB、MASTER

「私の保有するサブカード」
現在は2枚保有しています。
1枚目はソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)です。決め手となったのは通勤で東京メトロ(PASMO)の定期を利用していること、PASMOやSUICA利用時のオートチャージが必要という2点です。 ついでにANAカードも兼ねることができるのでANAマイルからメトロポイントへの移行が出来るのも利点です。
2枚目は楽天プレミアムカードです。こちらは作りたてホヤホヤです。年会費10,500円かかりますし、私はあまり楽天市場を利用しないのですが、決め手はプライオリティパスを利用したいという一点に尽きます。プライオリティパスは世界275以上の都市で500ヵ所以上(国内20ヶ所)の空港ラウンジを利用できるというもの。普通に加入すると4万円程度の年会費がかかるのですが、楽天プレミアムカードの特典となっています。2014年は公私ともに海外に行く機会が多く、乗り継ぎ便も利用するので海外ラウンジを利用してみたいと思い、作成しました。

「気をつけてること1:年に1回の見直し」
年に1回はカードの見直しをします。 保有しているカードのサービスも変更することがあるのでサービス改悪になっていたり、雑誌 やネットを眺めて市中に魅力的なカードが新たに発行されていないかを調べたり、自分の生活環境の変化に応じて継続するか解約するかを検討します。 年会費無料のクレジットカードもあるため、放っておくとクレジットカード何枚持ってるんだっけ?ということになりかねません。そういう時に限ってサービス改悪で年会費がかかるようになって知らず知らずのうちに引き落としされたりすることもあります。

「気をつけてること2:すべて一括払い」
リボルビング払い(リボ払い)は、月々あらかじめ決められた額をクレジット会社に支払う方法です。手数料がよくとれることから、クレジットカード会社にとっての大切な収入源と見られているようで各社積極的なPR活動を繰り広げています。私は手数料を払う気は一切ありません。また分割払いの中には手数料がかからないものもありますが、分割じゃないと払えないものを購入するつもりもありません。あくまで現金決済の代替手段です。このため、決済はすべて一括払いをしています。

「気をつけてること3:ポイント亡者にならない」
うまく決済をクレジットカードですることでポイントがつくのがクレジットカードの魅力の一つですが、下手をするとポイントのためにクレジットカードで買いものをしがちになります。 期間限定ポイントに釣られて通常だと買わない商品を買ってしまうこと、ありませんか? 目的と手段がいつの間にかすれ違ってしまう例もあるようです。クレジットカード会社も、あえて混乱させるような戦略をとってくるので、ポイントはあくまで「おまけ」ということを忘れないよう、自分に言い聞かせています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします


最強のクレジットカード選び (COSMIC MOOK)