あつまろです。

家計簿をつけていて数年前と比べると一気にコストが上昇した費目があります。通信費です。 スマホなど便利になったのですがコストもなんとか減らせないものか、と感じます。 さいきんブログでは家計管理や節約の考え方に言及していましたが、きょうは私がちょうど検討している通信費をとりあげます。 何かしら参考になれば幸いです。
「スマホへの不満」
スマホデビューしたのが2年半ほど前。 2年間の定期割引(≒端末代の一部還元)期間も過ぎたので月々の支払いも高くなりました。 当時は時代の最先端を行っていたはずの端末もいまとなっては内蔵メモリの容量が少なくなったと表示がしょっちゅう出てきて閉口しています。 それでキャリアのショップに行って機種変更を眺めていると最新機種なら実質負担が4万円を超えるようです。月々の支払いは高い、端末購入代金が高い、2年とすこし経つといろいろ不満が出てくる。 はぁ〜と溜息が出ます。 iPhone5なら実質0円のようですが、私の使い方としては液晶がもう少し大きい方がうれしいです。

「私のネットワークと端末事情」
私は大きく3つのネットワークを要する機器があります。
1.スマホ:2年前のモデル(3G) 2.iPad(家のみ光回線からのWifi接続) 3.デスクトップPC(光回線のLAN接続)

「1.スマホ」の端末にいての不満は先ほど述べたとおりです。 ネットワークは3G回線なので少し遅いなと感じます。価格は下げたいですがあわよくばLTEを使えるとうれしいです。
「2.iPad」は第3世代を使っています。すこし重いのですが常に持ち歩いてます。日経新聞、TheEconomist、Kindleなどと、ほぼ読書用です。 ただ外ではネットワークに繋げていないので、できたらスマホの買い替えを機にテザリングができるといいなと思っています。
「3.デスクトップPC」はブログなど入力を要する作業はPCです。画面が大きいこともありネットもPCを用いることが多いです。PCをメインで使ってるあたりが10〜20代との世代ギャップがあるかもしれませんね。

「MNP vs 機種変更」
端末に大きな不満があるので買い替えたいのですが、やはりどう考えても機種変更するより「他キャリアへの乗り換え(MNP)」の方がコスト的には間違いなくお得のようです。私は15年以上利用し続けたキャリアですし変更もたいしてしたくはないですが、同じ端末で価格差が大きいので、これ以上優良顧客として支払いし続けるのもバカらしく感じてきました。ネットで軽く情報収集した上で、キャリアショップでぶっちゃけ相談しましたが、「ここだけの話」とした上で「手間を惜しまないならMNPの方がお得だと思います」と言われました。 商売っ気がないですね、でもMNP選択にむけて背中を押してくれた一言ではありました。他のキャリアショップを訪れることにしました。

「MNPの特典」
MNPだと端末購入のサポート金額が大きくて端末代金が0円の端末が多い、基本料金が2年ほど無料になります。 ちゃんと計算していませんがトータルコストで4〜5万円ほど差が出るんではないでしょうか。またお店によりますがキャッシュバックもあります。私が行ったところでは昨年夏モデルだと3万円のキャッシュバックがありました。いまの私の端末からするとパワーアップしますし液晶画面も大きいです。さらに週末限定のキャンペーンもたまにやってるそうです。 ちなみにこのキャッシュバックを目当てに複数回線を契約してMNPをする人を「携帯乞食」なんて言われてたりします。

「これからの選択肢」
案1.MNPでキャッシュバック端末を購入(キャンペーン店舗利用)。LTE回線になるのでテザリング契約する。こうすることで端末がタダで手に入るだけでなく、ネットワーク環境もよくなる上に2年間で最低でも42,000円はコスト削減になります。この案を採択すると私の端末とネットワーク環境はこうなります。
「1.スマホ:半年前モデル(LTE) 2.iPad(外ではLTE、家ではWifi接続) 3.デスクトップPC(光回線のLAN接続)」

案2.上記の案1MNP購入に加えてWiMaxを契約し、自宅の光回線を解約する。これだと2年間で最低66,000円はコスト削減ができそうですが、2年後にMNPするとWiMax料金が高くなってしまいます。持ち歩きにWiMax端末も必要になりますね。あとデスクトップPCに接続する機器を調達する必要が出そうですね。この案を採択すると以下のようになります。
「1.スマホ:半年前モデル(LTE) 2.iPad(WiMax) 3.デスクトップPC(WiMax)」

案3.まったく違う発想ですが端末を中古で買い替え(前モデルで3万円ほど)。今のキャリアで通話のみのプランを選択(月1,000円ほど)。モバイルルータのみ契約する(WiMaxやイーモバイルなど)。これだと2年間で100,000円ほど浮きそうですし、案1と案2はキャンペーンの期間が2年間しか持続しないのと比較して、こちらは2年を越えても効果が持続する点がポイントです。以下のようになります。
「1.スマホ:半年前モデル(例:WiMax) 2.iPad(例:WiMax) 3.デスクトップPC(例:WiMax)」

いまは案1か案2を採択しようかと思案しています。 いずれにせよ、いまのキャリアで高い通信料を払いながら、高い端末代金を払うという選択肢はないです。キャリアのメールアドレスを失って連絡するのは少し面倒ですが、これを機会にgmailにメールアドレスを統一しようかと思っています。

<過去参考記事>
家計のトータル支出管理
家計の聖域にメスを
何のために節約をしますか?

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします


通信料金がビックリするほど下がる本 (アスペクトムック)