あつまろです。

このブログを始めてから9年目になります。少しずつ訪れる人が増えてうれしいな、と感じます。 でも、始めて数年間はあまり訪問者もいない状態でした。最近は当時の心境をよく思い出します。 なぜかというと、もうひとつブログを書き始めたからです。
「もうひとつのブログのこと」
最近始めたブログは、トピックも異なりますし、プライベート色も濃いのでハンドルネームも別にしました。ブログを書き始めた理由は、「モチベーションを高めること」、「書くことで考えを整理する」、「記録として残したい」、「きっと誰かの役に立つときが来ると思ったから」というのが理由です。 このブログでは資産運用をテーマにしており一生ものですが、新たに始めたブログは一時的なものにしようと考えています。短期集中型です。

「誰にも読まれないブログを書く」
けっこう新鮮なのは書いても誰にも読まれていないこと、です。 アクセスは日に10件もありません。アクセス数≠読まれている数なので、サイトは開いてもタイトルくらい眺めてポチッという感じじゃないかと思います。 ブログを書くというのは「読まれること」を前提としているので、誰にも読まれないというのはモチベーションが上がってこない面はあります。

「産みの苦しみに耐えられない人たち」
世の中にはいろんなブログがあります。ちょっとした気分で始めてみようという人もいるかと思います。 しかし、読まれないことに耐えられず去っていく人がいます。手軽に始められるものなので、途中で止めるのもアリです。 でも、それなりに続けていくと少しずつ読んでくれる人が増えていくようです。今まで誰にも読まれていなかったものが読まれ始めるとうれしくなるものです。 私もブログにコメントが書かれ始めた頃が最も楽しかったような気がします。

「ブログを書くこと自体を楽しめるか」
でも、本当に大事なのは、ブログを書くこと自体を楽しめるか否かじゃないかと思うんです。 いくらアクセス数や読者が増えようとも、自分自身が楽しめなければやっぱり継続しないんじゃないかなと思います。

私はブログを書くことも楽しいですし、けっこう学びのキッカケがあったりします。文章に表現するにあたり、曖昧な部分を確認することになったりしますし、ニュースを目にしたときにブログで取り上げてみようか考えて深堀りしたすることもあります。ブログを始める前に比べて文章もうまく書けるようになったと感じます(過去自分比)。ブログを書くことが楽しめるなら、きっといろいろ学びも多くなります。もし興味がある方は簡単なので試しに始めてみてはいかがでしょう?

わかりやすく〈伝える〉技術 (講談社現代新書)

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします