あつまろです。

自分にとっての世界オールスター企業をポートフォリオの主軸として組み入れていく。そういう概念を「伝えるためには、どう表現しよう?」そんなことを考えた結果、私は「キラ星のように輝く」企業と表現することにしています。

銘柄数は厳選して13銘柄。

一度きりの投資(買付)で終わらせることなく、良い投資タイミングを見て継続して積み増しを行うことで、数十年単位で投資額を積み上げていこうという発想です。最終的に億単位のお金を預けるくらい信頼のおける13銘柄で資産の70%近くを占めるほどの集中投資にしたいと考えています。

銘柄の選定の考え方は、「超一流企業で100年後も繁栄してる企業」です。
「銘柄選定条件」
下記5点を考えてます。
.屮薀鵐瀕呂鮖つ製品やサービスであること∪こΕ轡Д△両絨未縫薀鵐インしていること2申叔後も必要である製品やサービスであることた袈醜颪砲ける成長が期待できることネ益率が高いこと

すべてに合致できるとベストですが、現実はなかなかそうはいかないので、いくつかの条件を満たせばよいと思っています。保有期間は15年と言わず、100年保有するくらいの心構えです。

「キラ星のように輝く13銘柄」
1.日本(5社)
ファーストリテイリング・テルモ
・シスメックス・マニーコマツ
2.米国(7社)
コカ・コーラJ&J・・P&G
ゼネラルミルズ・キンバリークラーク・ウォルマート
3.英国(1社)
BP

「2013年10月更新」
削除:サムスン電子(韓)
理由:スマートフォン(ギャラクシー)の成功など業績面では成長を続けており、すっかり世界中にブランドが浸透した企業ではありますが、懸念は手がけるビジネスです。スマートフォンが成功すればするほどビジネスの永続成長に不安を感じます。コカ・コーラなど大きなイノベーションを必要とせず確実に成長していく

削除:ハインツ(米)
理由:バフェット氏が経営するバークシャー・ハサウェイ社に買収されてしまいました。残念ですが投資する選択肢がなくなりました。参考記事:衝撃!バフェット氏のハインツ買収

追加:IBM(米)
理由:完全に13銘柄定着という状態でなく、まだ仮免許のような状況です。かつてのハイテクと呼ばれたIBMもそろそろ創業100年を迎えて、テクノロジーからコンサルティングなど流行り廃れのサイクルが比較的長い業務ソリューションに変身した感があります。ハードの売上は全体の1割程度。ソリューションビジネスに軸を置き、サービスとコンサルティングで4割を稼ぎ出します。テクノロジーでなくソリューションビジネスとして期待をかけています。

追加:BP(英)
こちらも13銘柄定着でなく仮免許の身。オイルメジャーはやはり1社組み込んでおこうと思い、エクソン・モービルなどもありましたがメキシコ湾オイル流出事故をいまだに引きずっている同社を選びました。

キラ星13銘柄は永久保有くらいの気持ちでいるので、あまり入れ替えしたくはないのですが、まだ完全に腹に落ちていない状況ではあります。いまだIBMとBPは仮登録のような状況ですし、セブンアンドアイ(日)、ペプシコ(米)、ビザ(米)、マクドナルド(米)、ナイキ(米)、ユニリーバ(英・蘭)など他にも候補はあるので、多少の入れ替えは今後もあると思います。今回で完全に外してしまいましたが、日本以外のアジア企業もできたら組み入れたいなという思いはあるのですが、ハイテクビジネスやネットビジネスが多いこと、ブランド力が低いこと、国営企業だったりすることなど、少しハードルが高いです。まだまだ数年くらいかけて仮説検証を繰り返しながら、13銘柄を完全に固定化に向けていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします