あつまろです。

テレビをみていると最高6億円があたるというのを売りにしたCMを見かけます。これをみていると、宝くじロト6で3億円を手にした人がキャバクラで6000万円を浪費したり、FXに手を出して1億円を失ったりして、残り2000万円になったという人がテレビ番組で取り上げられていたことを思い出します。
いつもおカネがない~と嘆いている家庭には数億円の宝くじは夢物語のようですが、この事例は「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」という故事を地で行くように思えます。器を超える量を持つと逆に破滅への道に進んでしまいそうです。たまにプロ野球選手や芸能人などが事業に手を出して失敗してみたりしますが、ありあまるお金を管理できずに失敗してしまう事例はいろんなところであるようです。

まさに「器量」で、お金を管理するにもその人の器があるように思います。 例えば私は個人投資家ですが、運用資産が1億円を超えるような状況になったとすると、急に保守的になったり、アグレッシブな運用に豹変してしまう恐れだってあります。器量を超えるお金は金銭感覚や投資判定基準を狂わせることになるからです。ただ、器量というのは、心の持ち方や考え方次第でどんどん広げることができるようにも思います。

器量が「おちょこ」レベルなのか、「バケツ」なのか、「浴槽」なのか、はたまた「プール」なのか。本当はお金の大小で心がビクともしない仙人みたいな状態が人間として最も望ましいのかもしれませんが、実際にはなかなか難しいものです。せめて心がけたいのは、基礎的な生活に必要なお金を超えて、お金が手に入っても生活も金銭感覚も投資基準も変わらず自分がベストと思える生活が継続できるといいなと思っています。個人投資家としては数億円の運用をしたとしても、金額が違うだけで何も変わらない一貫としたブレない運用が出来ると理想です。