あつまろです。

ひさびさにクレジット−カード事情をキャッチアップしようと見てみると、なんとも魅力的なカードが出ているではありませんか。「Reader's Card (リーダーズカード)」。JACCS(ジャックス)が出していて、Amazonユーザに強く訴求しているカードです。私が感じた長所と短所をご紹介します。

「長所その1.高還元率1.5〜1.8%」
「長所その2.JACCSモールを経由でAmazon利用なら還元率2.3%」
「長所その3.ポイントの使い道がデポジット(請求時値引き)」
「長所その4.旅行傷害保険が充実」
「長所その5.家族カードあり」
「長所その6.カードデザインが良い」

「短所その1.ポイント交換申請が郵送手続き」
「短所その2.年間利用50万未満なら年会費2625円」
「短所その3.ポイント有効期限が2年」
「短所その4.JACCS(ジャックス)ブランドがイマイチ」
「長所その1.高還元率1.5〜1.8%」
このカード最大の魅力です。通常のカードポイント還元率は0.5%ですが、このカードの還元率は3倍以上です。Amazonユーザを惹きつけるのは、貯まったポイントをAmazonで利用した場合1.8%(+0.3%)のデポジット(請求時値引き)になります。ものすごい還元率です。

「長所その2.JACCSモールを経由でAmazon利用なら還元率2.3%」
じつはさらに還元率を高める方法があります。ポイントをAmazonでショッピングで利用すると1.8%になるとお伝えしましたが、JACCSモールを経由するだけでポイントとは別でカードご利用金額の0.5%のデポジットが与えられるそうです、すごい。

「長所その3.ポイントの使い道がデポジット(請求時値引き)」
ポイントの使い道はマイルや商品プレゼントなどがありますが、私はキャッシュバックやデポジットが一番いいと思っています。日常生活における消費は変わらないまま還元してくれるのがいいです。私は日常からAmazonを利用するので普段購入する商品から値引きしてくれるので効率が良いです。

「長所その4.旅行傷害保険が充実」
海外旅行傷害保険 後遺障害・死亡保険金 最大2,000万円
国内旅行傷害保険 後遺障害・死亡保険金 最大2,000万円

さらにポイントなのは海外旅行傷害保険は、旅行代をカード支払いを選択していなくても付帯されます。クレジットカードの旅行保険は旅行代のカード支払いである「利用付帯」が多いので、ここもメリットですね。

「長所その5.家族カードあり」
高還元率カードは、一定額以上を使うことが前提ということが多いです。このため家族それぞれが別のカードを持っても全員が高還元率を享受できないケースがあります。また、一定額利用がないと年会費がかかるというケースもあります。リーダーズカードも後者に当てはまります(詳細は後述)。家族でカードを集約化すると管理のしやすさなどのメリットもあります。家族カードの有無はあまり注目されないかもしれませんが、私は重視している事項のひとつです。

「長所その6.カードデザインが良い」
黒を基調としたデザインもなかなか。右上のJACCSというロゴがないと、もっといいんですけどね・・・
card


ここまでは長所。次からは短所に移ります。

「短所その1.ポイント交換申請が郵送手続き」
これは大きなデメリットです。いまどき郵送オンリーとはありえない感じです。この手間を強いることでポイント利用を抑えることをねらってるんだろうか、と勘ぐってしまいます。

「短所その2.年間利用50万未満なら年会費2625円」
日常をカード利用されていない方や、サブとして使いたい方にはハードルが高く感じるかもしれません。私個人としては日常生活のかなりのシーンでクレジットカードを利用しているので50万円は間違いなくクリアするので、あまりデメリットに感じていません。

「短所その3.ポイント有効期限が2年」
最近ではポイント有効期限が永久であったり、利用に応じて期間が延長されたりしますので、ちょっと短い気がします。先ほど取り上げた郵送の手間とのコラボで(計っているかどうかは別にして)ポイント消化率が他カードに比べて低くなるかもしれません。

「短所その4.JACCS(ジャックス)ブランドがイマイチ」
その人がどう感じるか次第ですが、JACCS(ジャックス)ブランドはちょっとイマイチな印象をうけてしまいます。電話などの応対にも、やはりJCBや三井住友VISAなどのブランドと比べると不安を感じてしまいます(とは言うものの、めったに電話することはないのですが・・・)。

「さいごに」
やっぱり高還元が最大の魅力です。、楽天カードライフカード、JCB EITなど多くの人気クレジットカードがあり、その人のライフスタイルや価値観にもよりますが、私としてはこのカードがいま最も優れているように思えました。まだ登場して半年で知名度も高くありませんが、段々と知名度が高まってきそうですね。 ちなみにReader's Card (リーダーズカード)の名は、Reader's(=読書家)から来ています。Amazonとのつながりを感じます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 応援よろしくおねがいします