あつまろです。

投資のスパンは人それぞれで、2,3ヶ月で長期保有ととらえる人もいれば、1年が長期保有という人もいます。私は15年保有を前提にして株式に投資します。「なぜ15年保有なのか?」 これには3つの理由があります。

「1.買い時を焦らずにすむ」

「今、買わないと高騰してしまう」と焦る気持ちを持つことがあります。期間限定商品に思わず飛びついてしまう人がいるように、ついつい期間区切りが焦りを呼び、焦りが思考を停止させて合理的な判断ができないおそれがあります。私は自分自身、焦ると適切な判断ができないことを知っているので、冷静さを失う状況に陥るのを避けたいのです。15年という時間軸を持っていれば、日々の株価変動は誤差と思えて、「鳴かぬなら鳴くまで待とう」という心の「ゆとり」が生まれて、悠然とした態度で1、2年は平気で次の買い場を待つことができます。川に釣り糸をぶらさげて座り続ける釣り人のように、心安らかに自分のペースで株式市場と接することができます。

「2.企業のコア(核)にフォーカスできる」

日々情報や憶測が飛び交う中、市場は株価変動という形で反応します。1年後の業績がどうか?という短期業績当てゲームの様相です。しかし、15年というスパンでみると1年後の業績はあまり大きな問題ではありません。むしろ目は企業のコアに向かいます。

例えば、ブランド力はどうだろう。ブランドの源泉はどうなるのだろう。カイゼン活動に代表される「企業風土」はどうなんだろう。経営陣が示す「将来のビジョン」はどうなっているんだろう。バランスシート(数字)に表現しにくい販売網や特許などの無形資産はどうなっているんだろう。企業の取り扱うビジネスに超長期での持続力はあるのだろうか。ビジネスが現在取り扱っていない地域でも勝利できるような強みがあるのだろうか。

時間軸を伸ばすことで、多くの参加者が争う近未来の数値当てゲームでなく、企業のコア(見えない価値)に目をむけて判断するゲームに私は参加しています。どちらのゲームも良い悪いはありませんが、私は自分が参加している企業のコアを知ったり、将来がどうなるかを考えることが、ひとつの楽しみです。

「3.株価変動リスクを克服できる」

株価は上下変動(ボラティリティ)が大きいので、いくら素晴らしい企業でも市場の下落期(ボトムライン)では損してしまうことがあります。そこで私は水たまりを飛び越えるように、下落期(ボトムライン)を飛び越えてから売却したいと考えました。過去の歴史から下落期はどれくらいあれば乗り越えられるかということを書籍で調べた結果、10年だと期間が短すぎて水たまり(下落期)にハマってしまう可能性がけっこうあることがわかり、15年になるとその確率が極めて低くなることを発見しました。

つまり15年保有する気概でいると、投資した次の日から株式市場の大暴落が発生し、株式の暗黒期を迎えたとしても15年後には市場が回復している確率が高いため、暗黒期の評価損にめげずに泰然と市場に居続けることができると考えました。初めから15年保有するつもりでいますから、むこう15年間で生活で必要になるお金は投資に使用せず、生活に支障をきたすことなく日常生活を謳歌できます。それどころか少しでも配当のような収入があったりすると、株式暗黒局面であっても気持ち良く過ごせそうです。

以上が「15年保有前提の長期投資」を実践している理由です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。