あつまろです。

9月の記事のアクセスランキングです。

5位
ウズベキスタンに行ってきます
⇒資産運用の番外編です。行ってきた結果はこちらウズベキスタン旅行記

4位
ようこそ悲観相場
⇒「長期でものごとを考えることのできる投資家にとってはチャンスの局面」というメッセージ。悲観にくれるMr.マーケットと一緒に嘆く必要はありません。

3位
ギリシャデフォルトに対してどう行動するか
⇒やっぱりココでも私は同じスタンスです。「何十年と株式市場が冷え込もうとも私は買い続けるつもりです。大恐慌による暴落で投資した人は、長い潜伏期間を経て果実を得ています。私は長い長い冬を過ごす決意と覚悟があります」

2位
雪だるま投資法
⇒「投資で得た配当収入をもとにして、再投資していく。次々と配当額が積み上がっていく。時間をかけて転がせば転がすほど大きくなっていく。まるで雪だるまのようです」から始まるエントリー。「時代のフィルタ」という試練に合格した企業を対象に投資をしていくことが、成功率の高いのではないか、ということを伝えています。

1位
バーゲンセールで買う勇気、ありますか?
⇒9月の記事ではダントツのアクセス数でした。「暴力的とも言えるほどの悲観が投資家を襲い『バーゲンセールで買う』と勇ましかった投資家も『嵐が過ぎるのを待つ』と一気に弱気に」。私はサブプライム・リーマンショックで得たことは、暴落相場に立ち会ったこと。本で読む知識ではありません。そのときの時代の流れ、世の中の空気を体験できたことが一番だと思います。それを20代のうちに得ることができたのは、これから何十年も投資に関わっていく自分にとって大事な無形資産だと思っています。

9月の記事を眺めていると低迷する株式市場に対し、自分が強気の立場になっていること。もっと端的に言うと「買う気満々」。さすがに自分のことなのでよくわかるのですが、こういう記事が多いときは、買いたい銘柄の株価が下がってチャンスだと感じてるときです。少し時間が経過して自分をふりかえって改めて気づくものですね。それと同時にこういう「逆張りマインド」が皆さんに共感が得られているようです。ひょっとしたら悲観相場で孤立する個人投資家さんたちの応援歌になっているのかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。