あつまろです。

自分にとっての世界オールスター企業をポートフォリオに組み入れていく。なんて表現したらいいのだろう?そう思いつつ、私はそれを「キラ星のように輝く」企業という表現しています。

銘柄数は厳選して13銘柄。

一度きりの投資(買付)で終わらせることなく、良い投資タイミングを見て継続して積み増しを行うことで、数十年単位で投資額を積み上げていこうという発想です。最終的に13銘柄で資産の70%近くを占めるほどの集中投資にしたいと考えています。

銘柄の選定の考え方は、「超一流企業で100年後も繁栄してる企業」です。

銘柄選定条件は、下記5点を考えてます。
.屮薀鵐瀕呂鮖つ製品やサービスであること∪こΕ轡Д△両絨未縫薀鵐インしていること2申叔後も必要である製品やサービスであることた袈醜颪砲ける成長が期待できることネ益率が高いこと

すべてに合致できるとベストですが、現実はなかなかそうはいかないので、いくつかの条件を満たせばよいと思っています。保有期間は15年と言わず、100年保有するくらいの心構えです。

まだ13銘柄がリストアップしきれていません。現在11銘柄を候補として挙げています。

==キラ星のように輝く13銘柄==
‘本(5社)
ファーストリテイリング・テルモ・シスメックス・マニー・コマツ
∧胴顱複骸辧
コカコーラ・J&J・P&G
4攅顱複閏辧
サムスン電子
っ羚顱複下辧
中国移動(チャイナモバイル)・江蘇高速道路(ジャンスーエクスプレス)
=================
1年前から上記の顔ぶれですが、正直に言うと中国2社については、ちょっと企業の実力が見劣りするな〜という印象が強まっています。一方で手堅いビジネスであることと、市場の有望性は魅力的です。中国という土壌の有望性を鑑みると、どうしても中国企業はポートフォリオに組み込みたくなります。強みと弱みを考えて同2社が本当に「キラ星」たるかを見定めていきたいと思います。

一方で「キラ星」候補に入りうる企業もリストアップし始めています。やっぱりどうしても注目してしまうのは、世界で活躍する生活必需品を取り扱う企業。

・世界一のケチャップメーカー、ハインツ(H. J. Heinz ) 日本ではシェア3%です。シェア50%のカゴメ強し・・・
・ハーゲンダッツで有名、ゼネラルミルズ(General Mills) あくまでハーゲンダッツは製品群のひとうに過ぎません。
・歯磨き粉で世界を席巻、コルゲート(Colgate-Palmolive) ホワイトニング効果が人気のようですが、日本では現在販売されていません。さすが独自進化を遂げたガラパゴス日本。
・スコッティで有名、キンバリークラーク(Kimberly-Clark) ペーパーを中心とした生活必需品を取り扱う130年の老舗。

まだ他にも候補は目白押しですが、外国企業は把握するのに時間がかかります。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。