あつまろです。

ちょっとした気分転換がてら、twitterから経済・投資に関連するツイートを中心にピックアップしました。最近は新聞などのニュースをみて備忘録がてら、一言コメント付けてツイートするようにしています。経済・投資を話すにしても、それぞれの特性からブログは深掘り、twitterは広く浅くという使い分けになります。

医薬品市場の年間成長率は、2014年まで途上国で14〜17%、先進国は3〜6%(米調査会社IMSヘルス予測) やっぱりヘルスケア事業は強いです。

2011年1〜3月期の携帯電話事業の業績を見ると、トップに輝くのはアップル。サムスンは既にノキアを超えてるんですね。台湾のHTCも伸びてきてます。アップルの勢いはどこまで続くのだろう・・どこかで息切れになりそう。

大型液晶パネルの世界シェア(日経新聞より) 1位サムスン(25.7%) 2位LG電子(25.5%) 3位友達光電(AUO)(15.8%) 4位奇美電子(CMI)(15.0%) 5位シャープ(9.8%) 液晶のシャープがいつの間にか・・・

蓄電池といえば、ニッケル水素電池とリチウム電池というイメージでしたが、産業用蓄電池の最有力候補はNAS電池だそうです。NAS電池は日本ガイシが押さえています。原材料のセラミックス(βアルミナ)の生産難易度が高いのですが、同社は量産化に成功してリードしているそうです。

東芝がスマートグリッドの関連企業ランディスギア社の入札参加(日経新聞より)。買収では発電・送変電システムとの通信技術、世界の販売網を狙う。東芝は原発、半導体、そして今回電力関連事業とメリハリの効いた戦略がGEのようです。

世界の炭素繊維シェア(日経新聞より) 1位東レ(40%) 2位帝人(17%) 3位三菱レイヨン13% 日本の3社で世界シェア70%を占めます。航空機だけでなく、自動車への普及が一般化すれば一気に広がります。反対に鉄鋼メーカーは厳しくなるかな。

三井物産はエネルギー・金属資源が同社の純利益のうち75%を超えていますね。2012年の投資計画でも資源・エネルギーに2600億円と全事業のうち最大の投資計画。やっぱり資源株。配当利回りは4%弱。下手な債券よりこっちの方がずっと魅力的に感じます。

スタートトゥデイは業績も右肩上がり。成長を前提にした株価を形成。5年後さらに成長してるか、もしくは陰りが出て株価低迷しているか。

クボタ、純利益30%増の548億円 11年3月期。 途上国の人たちが満足な食料が届いていない現状と、世界人口は70億から90億の伸び。世界でみると農業機械産業は成長産業でしょうね。

国内スマートフォン出荷シェア2010 1位Apple(37.8%)、2位シャープ(24.3%)、3位ソニー・エリクソン(9.8%)、4位Samsung(9.0%) 私はシャープが意外に思えました。 MM総研より

中古車オークションの平均落札額は31万円とのこと(日経新聞より) けっこう安い感じがします。 ストーリーとしての競争戦略で中古車買取のガリバーが紹介されていたので、目に止まりました。知識が増えれば増えるほど、ニュースが面白くなりますね。

アメリカではサブウェイはマクドナルドより店舗数が多いんです。サブウェイ約23000店 マクドナルド 約14000店。一方、日本はマクドナルドが圧倒。 マクドナルド約3,275店 サブウェイ約260店

ちなみにロッテリア約450店、フレッシュネスバーガー約200店、吉野家1154店、ミスタードーナッツ約1350店、スターバックスは912店舗。 店舗数という切り口でチェーン店の強みが見えてきますね。

シスメックス、血液分析装置で操作性向上の新機種。シスメックスは現在世界シェア40%、拡大中。しかも試薬で継続的に儲ける仕組み


にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。