あつまろです。

世界で稼ぐことができるか否かというのは、企業の成長シナリオのひとつであり、株式投資における企業選びのポイントでもあります。 が、世界で稼ぐポテンシャルのある企業ってどうやって見分けるの?という疑問が浮き上がります。

そのひとつの答えは日本市場で存在感のある外国企業じゃないかと思います。 ガラパゴスと呼ばれる日本は欧米とは違う商習慣や世界一厳しいとも言われる消費者の目があります。外国企業が日本で成功を納めるためには、商品やサービスが強い魅力を秘めていることは最低条件です。そこにマーケティング力や日本人にあわせる現地化(ローカライズ)などの力も問われます。

そう考えると、マクドナルドなどはスゴイと思います。 もともとパンでなく米という主食の違い、かつおぶしや醤油などの好みに対するハードルを乗り越えて、日本各地で浸透しているので、すごいものです。 「米マクドナルドは既に世界中に出店していて、いまさら成長余力ないんじゃない?」という考えを抱かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、日本におけるマクドナルドの店舗数は3275店(2011年4月27日発表時点)とじつはアメリカに次いで2位なのです。3位がカナダで約1400店舗、4位がドイツで約1300店舗、5位はイギリスで約1200店舗です。中国やブラジルなどの勢い盛んな成長国にも出店余地がありますし、アフリカなどは空白地域が多数存在します。

米マクドナルド(MCD)の株価推移をみてみましょう。

過去5年の株価チャートを見てもしっかり成長をしています。
mcd


過去30年の超長期株価チャートを見ても成長の軌跡がわかります。
mcd2


株価成長だけでなく、配当利回りもなかなかです。現在の配当利回りは3%超。業績右肩上がりで株価は上昇し、増配も続ける企業は、投資家にとってお宝企業以外のなにものでもありません。米マクドナルドは一例です。日本で存在感を示す企業はたくさんあります。日本で活躍する期間が長ければ長いだけ、ブームに左右されない手堅いビジネスという証でもあります。あつまろがいつも注目しているコカコーラ、P&G、J&J、Nikeもそうです。最近ではGALAXYを展開するサムスンなどアジア勢もじわじわと存在感を示してきています。

外国企業への投資は、難しいと思うかもしれませんが、まずは日本で成功している企業から選ぶというだけで、厳しい銘柄選定(スクリーニング)が自然とできているように思います。その意味では日本企業に投資するより外国企業に投資する方が簡単かもしれません。

関連参考記事:「中国経済成長をチャンスに。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。