あつまろです。

金は借りてもいかんが貸してもいかん。貸せば金はもとより友人まで失うことになり、借りれば倹約する心が鈍るというものだ。
 『ハムレット』 ウィリアム・シェイクスピア

お金というのは、薬にも毒にもなるもので、仲が良かった友人にお金を貸してしまうことで友情にヒビが入りかねません。下手にお金を貸すくらいなら、いっそのことあげてしまった方がいいかもしれません。

また、お金を借りるというのも慎重にしたいものです。カードローン、自動車ローンなども避けたいです。基本はお金を貯めてから欲しいものを買うというスタイルを守りたいです。
借金癖のある人は、月々お金を借りれる額が、だんだん毎月の収入のように思えてくる、というのを何かで見聞きして驚いたことを思い出します。お金を借りるというのは破滅への道。

自立した生活を送るには、自力で生活できるお金を稼ぐ必要があります。働かざるもの食うべからずです。
いまお金はないけど、あれが欲しいので分割払い。これもダメですね。分相応ではありません。

収入の範囲で生活するというのが大原則ですね。

住宅ローンは違うという声もありますが、そこは賛否両論ですかね。 今回はあえてその議論は外してます。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。