あつまろです。

原発もようやく歯止めの兆しが見えてきて、株式市場のパニック売りも止み、一気に株価も戻してきています。長期投資を志向する個人投資家さんの「Buy Japanese. I Am.運動」という買い支えも多少は貢献していると思います。

「地震後の投資」

私は今回の暴落時に今年の初投資(※)を遂げました。銘柄は何度かご紹介しているマニーです。地震前は株価が3,000円前後をうろついていて、「もう少し下がらないものかな」と眺めていましたが、大地震後の暴落で一気に2,500円付近まで下げてきたので、そこで購入しました。チャンスと思いましたが、投資金額は高額ではありません。他にも買いたい銘柄もありましたが、ぐっとこらえました。サブプライム・リーマンショック時の仕掛けが早かった反省と「凧の糸と相場の金は出しきるな」の格言を念頭に入れたアクションです。
(※注)先日ブログで購入すると宣言していた中国株「李寧」は、ブログに取り上げた直後に株価が急上昇して買い逃して、また機が熟すのを待ってます。

ちなみにドル円も80円を割り込んだところで、米国株投資用資金として米ドル預り金を購入しました。しばらくしてG7の介入が発表されたのでギリギリセーフでした。

「過熱感を冷ます」

「もっと買っていれば・・・」という欲が出てきますが、深追いせずヒットアンドアウェーでしっかりパンチを当てられたので、今回は良しとしておきます。まだまだ安心はできません。この先に株価が再び暴落することも想定シナリオの一つです。

私の投資スタンスは最低15年保有の長期投資なので、自分が信じることのできる企業を日頃からチェックしておき、こういう暴落時に丁寧に拾うことが長期的なパフォーマンスにつながると信じています。
引き続き日本企業の株価は魅力的な水準ですし、米国株や中国株を見ても投資の頃合いな企業が目につきます。
一度投資するとショッピング熱で火照ってくるのが私の性質なので、「30日ルール」で頭を冷やして、冷静に次の投資を検討していくつもりです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。