あつまろです。

相互リンク先の吊られた男の投資ブログにて、「さわかみ投信は投資詐欺なのか?」というトピックに興味を持ちました。

吊られた男さんが、取り上げたのは日経マネーに掲載された澤上氏の次の一文。
'07年7月の基準価額2万円超えの後、サブプライムで1万7000円台まで落っこちたのは大歓迎だった。7月までの上昇相場で利益確定の売りを進め、現金ポジションを35%にまで高めてあった。それで安値をたっぷり買ってやった。そこまでは、見事な長期運用を展開していたわけだ。

これに対して吊られた男さんの見解は以下のとおり。
2007年にはどう見ても35%も現金だったと思われる時期がありません。つまり、このグラフから推測されるのは、澤上篤人氏の「7月までの上昇相場で利益確定の売りを進め、現金ポジションを35%にまで高めてあった。」という発言はファンド運用の事実と異なるということです。

本当のところどうだろう?
私はさわかみファンドに学ぼうとファンド投資をし、毎月2回ファンド投資家に対して送られてくる運用状況を保管しているので2007年の資料を見てみました。

すると、たしかに最も株式比率が低かった時期は、2007年2月末の86%台です。株式以外を全て現金ポジションだとすると、14%弱となります。う〜ん、これだと虚偽と言われても仕方ないです。でもなぜ、こんな発言しちゃったんでしょうね。

ちなみにもう少し過去に遡ってみてみると、約1年前の2006年4月中旬が株式比率70%になってます。現金ポジションは30%程度。この間の月中取引で一時的に35%になってたりする可能性はあるかもしれませんね。ただ、仮に1年前のことを勘違いしていたとしても、雑誌に掲載された発言内容と異なるのは確かですから、批判は免れません。残念です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。