あつまろです。

バリュー投資の父とも言われるベンジャミン・グレアム氏。あのウォーレン・バフェット氏の師としても有名です。
著作には「賢明なる投資家」があります。

グレアム氏のつくったお話、「ミスターマーケット」。 私もこの寓話を最初聞いてから、すっとイメージできて、以来ミスターマーケットを意識して投資をしています。今回はこのミスターマーケット氏を紹介します。

「ミスターマーケットの人物像」

ミスターマーケットは、毎日違う価格で株の売買を持ちかけてくる人物です。その価格で彼が投資家の株を買うか、もしくは投資家が彼の株を買うことになります。
彼と取引をしなくても大丈夫です、彼は気にせず明日も売買を持ちかけてきます。

彼は普段は穏やかな人なのですが、感情の起伏が激しく、ときに躁うつ病患者のようになります。 あるときには躁状態で高い値段を提示することもあれば、あるときにはうつ状態で低い価格を提示することもあります。

「ミスターマーケットとの付き合い方」

私たちは、ときにミスターマーケットの感情に引っ張られてしまいます。感情は伝染するものです。 しかし、自分なりの基準を持っておくこと、ミスターマーケットを客観視する姿勢を持つことで、彼の極端な提示額が私たちの投資機会になりえます。 それにしてもグレアムさんはうまいこと考えたもんです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。