あつまろです。

プラチナカードには
コンシェルジュサービスがあります。

24時間365日年中無休で、情報提供や各種予約など
できる範囲であれば対応してくれるサービスです。

では、コンシェルジュにはどんな話があるのでしょうか。

「コンシェルジュエピソード」

岩田昭男著「クレジットカードサバイバル戦争」で
こんなエピソードが描かれています。

”たとえば,夜中の2時に電話がかかり,「明日の朝7時に帝国ホテル前にタクシーをつけて,その後部座席に1万円分の花束を用意しておいてほしい」というものや,「イタリア旅行に行くのだが,名前もわからないが,とにかく旨い店がある。その店主が最近店を閉じて故郷に帰ったというが,それがどこなのかはわからない。しかし,ぜひ行ってみたいので探してほしい」といった無理難題が持ち込まれる。ちょっと信じられないような話なのだが,このようなエピソードは枚挙にいともあがない。
「今,アメリカのホテルにいる。とにかく早く,現金100ドル持ってきてくれ」「昇進記念のゴルフボールを配りたいが,30個だけその人の名前を入れて送ってくれ」という難題にも,できるだけ答えるようにしているという。”


ん〜、別世界な感じがします。

「コンシェルジュへのお願い」

なんとあつまろの友人が
プラチナカードホルダーということを知り、
コンシェルジュにお願いすることがないかを
友人と考えた結果、以下2つのお願いをしました。

(1)ある人気ミュージシャンのコンサートチケットを入手したい
(2)友人が引越しを予定しているのので業者を手配して欲しい。

(1)コンサートチケットについては、
まだ正式販売前で人気ミュージシャンであるため、
チケット入手は困難です。
何かチケットを入手するルートがあるかと思いましたが、
コンシェルジュの回答は確保はできないようで、
予約発売日に申し込みを代行してくれるようです。
果たしてチケットは入手できるのか?結果が楽しみです。

(2)引越し業者については、契約している業者がいるようで
そこを手配してくれるようになりました。
世間の引越し業者と比べてどのようなメリットがあるかは、
連絡待ちであるため、まだ未知数です。

「コンシェルジュって必要?」

自分がプレミアカードホルダーで
コンシェルジュにお願いすることを想像してみると
たいがいのことは自分で解決できることばかりです。

調べものはネットで検索すればすぐに答えが出てきます。
最近ではスマートフォンの普及で、外出中に何か調べたくても
すぐに調べることができます。

そう考えると、ITがいかに我々の生活を楽にしたかがわかります。
google先生に聞けば、たいていのことがわかります。

ITをうまく利用することができている人は、
ものすごく優秀なコンシェルジュがいるようなものです。

コンシェルジュのことを考えていたら、
「ITってすごいな」という結論に辿り着きました。

参考記事:プラチナカードの正体

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。