あつまろです。

あまり一般的な資格ではなく、
業界に特化した高度情報処理試験のひとつである、
システムアーキテクトという資格に合格できました。

うれしいです。

これで昨年取得した
プロジェクトマネージャー資格とあわせて
高度情報資格は2つ目です。

本当は昨年取得したいなと
勉強してたのですが、
力不足で昨年は不合格でしたが、
1年後に花が咲いてくれました。
※とは言いつつ、たいした勉強してないですが。

あつまろが描くキャリアデザインは、
自分自身の目標となるイメージに向けて
3つの角度からアプローチすることが
大事だと考えます。

3つの角度は、
①資格 ②実用書 ③仕事です。

①資格取得に向けて勉強することで
普遍的で幅広い知識を体系的に習得し、

②実用的な専門雑誌や専門書を読むことで、
トレンド、実践的な知識を得て、
キャリアの疑似体験の経験を重ね、

③仕事を目的意識をもって遂行することで、
仕事上で得られる実践スキルや経験を得ること。

ちなみに「キャリアデザイン」とは
『長期的に自らの職業生活を自らの手で
主体的に描く(デザインする)ことをいう。
自分の能力や性格、ライフスタイルを把握した上で、
ありたい将来像や実際の労働市場の状況などを考慮しながら、
転職や異動などを通じてありたい将来像に近づいていくことをいう』
そうです。
(All About転職・キャリア用語集より)

資格だけは、実践に使えないことがたくさんあります。

しかし、一方で実践だけでは、
仕事であまり手掛けない
ある特定の分野の知識がすっぽり抜けていて
偏った知識だけになっているケースもあります。

両方からのアプローチが大事です。

2008年頃までは
「実践(OJT)で鍛えられていれば、資格はなくてもいい」
という言い訳をして努力を怠ってきましたが、
昨年あたりから心をいれかえました。

資格は、取得に向けた学習自体が
自分の専門性を高めることにつながり、
社内外にやる気と実行力を知らしめる
広告宣伝の一部だと思っています。

あらためて思うことは、勉強の成果が
目に見える形で手にできるとうれしいものですし、
次もがんばろうという気になります。

来年の2011年は現在最も力を入れている
英語を集中的に学習する予定です。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

クリック応援よろしくお願いします。