あつまろです。

投資信託(ファンド)は、
インデックスファンドとアクティブファンドと
大きく2分されます。

インデックスファンドは、
日経平均株価やTOPIXといった指標に
連動するタイプの投資信託です。

一方、アクティブファンドは
インデックスを上回る運用を目標として
ファンドマネージャーが運用するタイプです。
が、ファンドマネージャーの人件費を始めとして
コスト(手数料)が高い傾向にあります。

投資の名著でもインデックス投資を
礼賛するものが多く、
実際に個人投資家ブログを見ていても
インデックスファンドを支持する人が多数派です。

ですが、アクティブファンドには
アクティブファンドの良さがあります。

あつまろが考えるアクティブファンドが
インデックスよりも優れると思う点を3つ挙げます。

※すべてのアクティブファンドが
該当するわけではありません。

.▲ティブファンドは個性があります。
ファンドマネージャーの考え方に共感できると
強い信頼感をもって投資することができます。

日本における代表例は、
「さわかみファンド」です。
※アンチも多数いますが、それでもやっぱり人気です。

∨榲に有能なファンドマネージャーであれば
インデックスを越えるパフォーマンスを
出すことができると思います。

ただ、それを見つけ出すのは難しいです。。

あつまろは、コモンズ投信の
「コモンズ30ファンド」に注目しています。

アクティブファンドの銘柄について
いち株式投資家として発見・学ぶことができます。

ファンドマネージャーがどのような銘柄を選んでいるか、
そういうことが参考になります。

先ほど述べた「コモンズ30ファンド」などは、
あつまろと投資判断の共通点が多く、勉強になります。

また、外国株投資については、
日本だとどうしても銘柄情報量が少なく、
外国株を運用するファンドの銘柄選びを見ていると
「こういう銘柄があるのか〜」と発見があります。

以上が3つの点です。

あつまろ自身は個別株投資が中心なので
3つ目のメリットで挙げた
ファンドマネージャーの銘柄選びを知ることによる
発見・学びが一番効果的だと感じています。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。