あつまろです。

リーマンショックで株価が暴落したとき、
「勝負!」と思って仕掛けたのですが、
その仕掛けが早すぎました。

少し冷静さを欠いて、一時に購入しすぎたため、
さらなる魅力があるタイミングで
投資余力が少なくなり、
追加投資をすることができませんでした。

自分の投資行動を鑑みると、
待機している期間は相当忍耐強く待っているものの、
いざ買い場だと思い、一度投資すると、
そのまま一気に投資してしまう傾向があります。

今回も同様で、
2年間の雌伏期を経て投資しようと行動に移すと、
コカコーラとジョンソン&ジョンソンの
2銘柄を一気にポンポンと投資しました。

しかも、さらなる投資を検討しており、
完全に「株取引モード」に入ってます。

そんな自分を発見したところで、
過去の教訓を引き合いにして、
ブレーキを踏むことにしました。

この後、株価が暴落して、チャンスと思っても
1ヶ月間は株式投資をしないことにします。

「30日ルール」と名付けました。

頭を冷やす期間にしようと思います、

しかし、意に反して
自分の中で過熱感の高まりが
あるかもしれません

ひとつの実験です。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。