あつまろです。

少し前の話になりますが、
約2兆円の大型投資を
サムスン電子(韓国)が発表しました。

成長5分野として
太陽電池、自動車用電池、LED、バイオ医療、医療機器
が挙げられます。

日本での報道を見ていると
いま話題になっている「自動車用電池」や、
テレビのバックライトなどにも使われる「LED」に
関心が高いように感じました。

一方で、あつまろがもっとも目を引いたのは、
血液検査装置などの医療機器です。

少し話が逸れますが、
アメリカのGE(ゼネラル・エレクトリック)は
一社でいろんな事業ポートフォリオを構築する企業ですが、
そのGEも医療機器を事業ポートフォリオの一角としています。

もはやパナソニックやソニーと同等以上の
シェア、知名度、ブランド力を得つつあるサムスン電子。

リーマンショック以降は失速していますが、
ジャックウェルチを始めとして、
アメリカ、ならびに世界をリードしているGE。

その両者が医療機器を成長の柱として見ています。

また、日本のリーディングカンパニーのひとつである
キヤノンも医療機器事業の拡大を目指しています。

成長性が落ちていく先進国でも
健康へのニーズが高いため
医療は数少ない有望分野です。

また、中国をはじめとした新興国は
国民所得が上がるにつれて
医療の重要度は増すばかりです。

医療は人に対するものですから、
世界中の人に効果があるはずです。

世界人口は現在70億人弱ですが、
2050年には90億人を突破する、
と予測されています。

パイは広がっているのです。

医療機器は、高い技術と高い品質が要求され、
それに見合った価格がつけられることが多く、
日本にぴったりのビジネスだと思います。

テルモ、シスメックス、マニーなど
あつまろは医療機器を本業として
取り扱う日本企業には以前より注目しており、
何度もブログでご紹介してきました。

それがサムスンの投資計画の報道により、
世界のトップ企業も同じ考えなんだなぁと
背中を後押しされたような気になった次第です。

k1160056723





にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。