あつまろです。

トヨタは日本を代表する
リーディングカンパニーです。

しかし、長期的には
日本の自動車産業は緩やかに
ダウントレンドに向うと思います。

今回の品質問題は、
トヨタのピークアウトの象徴という
出来事のように感じます。

では、どこが成長してくるかというと、
既に電気自動車で中国のBYDなど
新興勢力が芽を出してきています。

欧州VWは新興国進出で目覚ましい勢いです。

しかし、目下最大のライバルは
現代自動車じゃないかと思います。

現代自動車は韓国製の自動車です。

「トヨタと現代自動車の品質、
どちらがいいと思いますか?」

もちろんトヨタと思うでしょう。
それが日本人の感覚です。

2009年度米国の品質調査(IQS)で
トヨタが6位、現代は4位でした。

これはリコール発表前の話です。
今回報道の以前に、既にトヨタの一大市場である
米国でこのような結果が出ているのです。
※ただしレクサスブランドは1位です。

トヨタよりも価格が安い、
新興国への進出も進んでいる、
そして品質も高い。

「韓国製品は劣っている」
・・・それは偏見です。

米国車も始めは日本車をそう見たでしょう。
日本の電機メーカーはサムスンをそう見たでしょう。
ですが、逆転しました。

トヨタをはじめとする日本車は
世界を席巻してきました。日本の誇る産業です。
これからも世界のトップグループにいるでしょう。

しかし、現在が黄金期なのだろうと思います。
現代自動車をはじめとする韓国車の後ろには
中国車メーカーが控えています。

他国の進出によって、どうしても、
相対的な地位は下落するのだと思うのです。

あつまろは現代自動車には注目してきており、
景気が過熱感のあった2007年時にも
いくつか現代自動車に関するエントリーをしていましたので、
ご参考にUPしておきます。

現代自動車とトヨタ
現代自動車の販売台数

繊維、鉄鋼、造船、電機など
いくつもの産業が世界トップとなり、
衰退してきました。

自動車も同じだと思います。
また新たな産業が発展するのだと思います。

そうは言っても、やはりトヨタに代表される
日本の自動車産業が落ちる
と考えると寂しいです。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。