あつまろです。

野村證券で募集中の
「JPM世界鉄道関連株投信」が
大ヒットしているそうです。
野村證券HP

当初設定額は募集上限額1200億円に対し、
1139億円で、ほぼ満額の設定となった。

「それってどれくらいすごいの?」
って思いになられますよね?

投資信託は1000億円売れれば
大ヒット商品です、ミリオンセラーみたいなもんです。

個人投資家に人気の「さわかみファンド」は
10年間運用して2300億円です。

インデックスファンドで人気の
「STAM グローバル株式インデックス」は85億円です。

野村證券の販売力と富裕顧客が成せる技ではありますが、
何よりも注目しているのは「鉄道」。

現在も中国、ブラジル、ベトナムの
高速鉄道が話題になっています。

あのウォーレンバフェット氏も
鉄道企業の巨額買収を発表しています。

いま「鉄道」が熱いのです。

アクティブ型のテーマファンドは
毎年ヒット商品を出します。

過去にも
「水ビジネス関連」
「エコ(環境)関連」
がありました。

テーマファンドが販売されるとき、
しかも売れ行きが良いとき、
我々長期投資家はできるだけ、
そのテーマ株を買わないことです。

過熱してアツアツのものに手を出すと
高値掴みのリスクが高まります。

市場のほとぼりが冷めた頃に
少し触手を伸ばすのです。

「JPM世界鉄道関連株投信」は
売れてるので興味持ってる方、
いらっしゃいます?

もちろんNGです。

これまでお話したように
テーマファンドが設定されるとき、
既にピークは近いと思われます。

そもそもアクティブファンドは手数料が高いです。
短期間保有して利ざやを抜くにも
高い手数料がパフォーマンスの足を引っ張ります。

といっても、このブログをご覧の皆さまは
手数料の安いインデックスファンド派の方が
多数を占める気がしますが・・

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。