あつまろです。

株価は今年1年で上昇しましたが、
それでも日経平均株価が1万円前後と
ぱっとしないという印象があります。

が、株価以上に元気がないのが、
REIT(不動産投資信託)です。

REITは投資家からお金を集めて
投資法人として不動産に投資をしています。

投資法人であるREITは、
投資家からの資金を元手にして、
銀行などから借り入れをして不動産を買い、
その後の運用として売却益や、家賃収入など
収益の9割を分配金として投資家に支払う
という仕組みです。

投資先はオフィスビルや住宅が代表的で
最近ではスーパーなどの商業施設などにも
投資先が広まってきています。

前ふりが長くなりましたが、
そのREITが投資口価格(株価と同等の意味)も
下がったままなかなか本格上昇に転じずに、
分配金利回りも高どまりしている状況です。

不動産投資も
「不景気に買って、好景気で売る」
ということが理にかなっているはずですから、
低迷している今は買い場としてチャンスだと思います。

分配金利回りも4%を超えるものが大半で、
7%というのもザラです。

が、難しいのがREITの選別です。

どういう建物に投資しているか、
どういうエリアに投資しているか、
また借入をしているので資金調達が可能か、
などなど。選び方が難しいのです。

しかも、依然として不動産事情も雲行きが怪しいですし、
正直に言うと、REITという投資手法自体にも
見えてるだけでも減損リスクなど問題があります。

しかし、それでもREITは魅力的です。

人の寄り付かない安値環境。
不動産という安定した資産と分配。
定期預金代わりの長期保有の安心感。
景気反転時への期待感。

銘柄選びに困ったときは、
「ザ・J−REIT」ともいうべき
三井不動産などがメインスポンサーである
「日本ビルファンド投資法人(8951)」
三菱地所などがメインである
「ジャパンリアルエステイト投資法人(8952)」
あたりに投資をしておくとよいかと思ったりしています。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。