あつまろです。

独立系の直販投信が
多く設立されてきました。

大手投信会社と違って
手数料を低く設定していたり、
一本筋のとおった運用資産を
貫いていることも多く、
面白い存在になっています。

不定期で取り上げていこうと思います。

初回は直販投信の元祖ともいえる
「さわかみファンド」です。

以下は、さわかみファンドHPより
抜粋した情報です。

========
「運用スタイル」
さわかみファンドは、
経済の大きなうねりをとらえて
先取り投資することを運用の基本とし、
その時点でもっとも割安と考えられる
投資対象に資産を集中配分します。

そのなかでも市場価値が
割安と考えられる銘柄に選別投資し、
割安が解消するまで持続保有する
「バイ・アンド・ホールド型」
の長期投資を基本とします。

「手数料」
購入手数料・換金手数料は、
いただきません。

「信託報酬(≒年間保有コスト)」
純資産総額に対して年率1.05%

「信託財産留保金」
換金手数料はかかりませんが、
換金の際、1万口当たり
基準価額の1.5%の率で
信託財産留保金が控除されます。
但し、信託財産留保金控除前で
計算した換金代金が50万円以下となる場合には、
信託財産留保金は控除されません。
========

下げ相場で思いっきり買い、
上げ相場では無理して買わずに
キャッシュポジションを築くスタイルは
他ファンドとは一線を画します。

直販系でもっとも売れている投信で、
資産額は2000億円。

これでも日本最大のファンドグローバルソブリンの
20分の1も満たない額です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。