あつまろです。

分散投資は長期投資の基本と言われてます。

「卵は一つのカゴに盛るな」という
キャッチフレーズを聞いたことがある方も
多いのではないでしょうか。

あつまろも分散投資を意識しています。

有価証券として株式と債券という分散。
株式でも日本と外国という地域分散。
日本株でも自動車、機械という業種分散。

「疑問1」
分散投資すると本当にリスク低減効果があるの?

リーマンショック後の経済危機は、
全世界の株式が一気に暴落しました。
どこの国に投資しても、
損失を被ったケースが多かったのです。

また、原油などの商品投資や
REITなどの不動産投資も
同じように損失を被ったケースが多かったようです。

本当に分散投資することの
メリットってあるのでしょうか?

「疑問2」
分散投資って集中投資に比べて
高いリターンが期待できるの?

難しい計算式では、
分散投資はリターンはあまり低下せず、
リスクのみがきれいに低下するようです。

しかし、オマハの賢人バフェット氏は
自分が確信を持てる銘柄に
集中投資をしています。

バフェット氏の結果は
既に出ています。

株式市場は、人間の作り出すもの。
金融工学の理論だけで測り切れない事象があることを
この経済危機は教えてくれました。

さて、きょうのお題
「分散投資が良いってホント?」は、
どうなんでしょう。

一気にダメな点ばかりに目が行って、
全否定というのも極端な話です。

それはそれで長所もあります。
もちろん短所もあります。

分散投資が良い場合、集中投資が良い場合、
そのときそのときで成果は変わると思います。

結局は、私たちがどう判断して
投資方針を持つのかじゃないでしょうか。

さて、分散投資に対して、
どう付き合います?

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ブログランキングに参加しています。
クリックで応援よろしくお願いします。