あつまろです。

消費者や投資心理などを表す指数と共に
GDPなどの景気実態指数も下がっています。

企業決算もトヨタをはじめとして
減益発表が相次ぎ、
景気は身も心も下向きです。

そんな中、今後の3〜4ヶ月は
どういうスタンスで投資に
臨もうかと考えます。

過去1年間、あつまろは
アドレナリン出しまくりで、
ハイペース投資を続けてきました。

しかし、余裕資金も
少なくなってきたこともあり、
ペースを抑えて投資をしていこう、
と考えています。

基本は毎月の積立。

財形貯蓄でIndexFund(株30債券70)で毎月1万円投資。
持株会で毎月2万円投資。
さわかみファンドで毎月2万円投資。

これが基本で毎月5万円弱が
日本株式セクタに投資することになります。

ここに加えて、外国株式セクタへの投資として
海外ETFもしくは、外国個別株を
スポット買いしていこうと思います。

いまは株価低迷期なので、
あえて外国株式ファンドの毎月購入は
停止して、多めの金額を拠出しようと思います。

余裕があれば、外貨MMFで
外貨債券セクタも増やしたいところですが、
さすがに余裕資金がなさそうなので
ポツポツ買いでいきます。

やっぱり、これだけの低迷期は
株式投資が有望ですよね。

4年でも5年でも
景気が低迷し続けても
買いの姿勢は変える気はありません。

10年後、(その頃は38歳になりますが)
いま投資したことを喜べてたら、うれしいです。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ