あつまろです。

引越一週間前で、いまさら感がありますが、
家を借りたくなったら」を
読みました。

AMAZONでは、出版社のコメントがありました。

『「引っ越し」の基本知識を知って
暮らしを楽しもう!理想の家の探し方、
下見のチェックポイント、
不動産屋さんの見分け方から
敷金返還まで、全てのノウハウを公開。』

本文はとても読みやすく、2時間程度で
サラッと読めました。

気になったポイントをいくつかご紹介します。

・2003年で需要4700万戸、
供給5400戸で供給過多で
借り手に有利な状況です。

・「本当に良い部屋は貼り出さない」
良い部屋はすぐに埋まってしまうということです。
あつまろ自身、空きがないマンションに目をつけて、
退出を待って入居した経緯があります。

・人気エリアは家賃が高いので、
アクセスが良く、便利で有名でない場所を狙う。
東京の例として、谷中、千駄木、根津、本郷、小石川
を挙げてくれています。

・海外赴任、地方転勤で部屋を一時借り出す
リロケーション物件を狙う。
※こういうリロケーション物件を専門物件を
取り扱う業者もいるらしいです。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ