あつまろです。

銀行と証券の雄が
そろって動きました。

まずは、野村HDが
リーマンアジア事業買収。

これにより、
投資銀行業務の優秀な人員獲得と共に
アジアでのコネクションを得たことになります。

さらに、速報ベースですが、
欧州・中東部門も合意とのことです。
念願の欧米進出に大きな一歩になりそうです。

一方、三菱UFJは、
アメリカ証券2位のモルガンスタンレーに
出資して筆頭株主になる見込みだそうです。

9000億円という大金を用意したそうです。
どこまで事業のメリットを得ることができるか
わかりませんが、海外展開を狙う上では
チャンスになるのかもしれません。

何にせよ、日本の金融機関は
アメリカの金融が瀕死な状態に対して、
伸びるチャンスがあります。

ヨーロッパも手負いの状態なので、
まったく余裕がない状態です。

あつまろ的には、
この時期にM&Aなど
積極的な行動をとることは
当然、その後のやり方次第なのですが、
プラスと見ています。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ