あつまろです。

ヨーロッパでは、
日本企業の活躍も
目にすることがありました。

まずは日本が誇る事業、
自動車はやはり目にする機会がありました。

トヨタのヴィッツも目につきましたが、
実は日産をよく見かけました。

これはトヨタ、ホンダが
北米市場を重視していたのに対して、
日産はもともと欧州を意識していた
という歴史があるように思います。

比較的最近のモデルである
新型マーチやNOTEをはじめとして
旧型マーチなど古い車も見かけました。

また、観光客が多いところが多かったのですが、
一眼レフとしてニコン、キヤノンが目につきました。

やはり、一眼レフを代表とするデジタルカメラ系の
日本メーカーの強さを実感した次第です。
それにしてもニコン、よくやってるなという印象です。

デジタルビデオカメラとしては、
SONYもよくみかけました。
電化製品売場でもSONYだけは、
よく見かけました。

パナソニック、日立、東芝など
日本の他家電メーカーの存在感はあんまり。。

また、スペインのデパートでは、
化粧品売場で資生堂をみかけました。

資生堂はアジアのデパートでも進出しているのは
知っていましたが、欧州でも通用しているんでしょうか。
でも、あつまろは化粧品はよくわからないです・・

他には、ダイキンが欧州で強いと聞いていましたが、
あまりエアコンを見かける機会がなかったです。

ヨーロッパは、30度くらいの気温でも
日陰に入ると涼しいこともあり、
需要が少ないということがよく実感できました。

やっぱりBtoC製品となると
自動車とカメラ事業の存在感がありますね。

他にはキャプテン翼やドラゴンボールの
お菓子がスーパーで並んでいました。

日本のアニメコンテンツの強さを
改めて感じました。

blogランキングに一票お願いします
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ