あつまろです。

保険料の世帯平均は年50万円以上だそうです。
個人年金や養老保険など、
貯蓄を兼ねている人も
多くいると思いますが、
保険が大きな買い物であることには違いありません。

既に生命保険に加入している人も
大勢いらっしゃると思いますが、
死亡保障額はどのようにして決定したのでしょうか?

案外、「これくらかなぁ?」と適当に
決めてしまってる人、多いような気がします。

あつまろは保障額をどう算出すべきかを考えました。

★保障額
=〆8紊寮験菷(現在の支出をベースに計算)
+大きなライフイベント出費(大学受験など)
+A鮗安
―ず8紊硫搬欧亮入
―ジ的保障(遺族年金)
―Σ饉劼らの手当
―預貯金

上記をパッと見ても、
あまり実感がわかないかもしれませんが、
これだけの要素を考慮に入れないといけないと思います。

次回は各内容について、
考えていきます。

blogランキングに一票お願いします